「Baidu(百度)」の登録方法

中国ではgoogleやFacebookといった、国際的なインターネットサービスの大半が制限されている代わりに、中国国内で発達してきた巨大なサービスが展開されています。

Baidu(百度・バイドゥ)もまたそんなネットサービスの1つですが、中国では絶大な支持を誇るだけでなく、世界的に見ても巨大なサービスとなっています。

今回はそんなBaiduの概要と、その利用方法や登録方法についてご紹介していきます。

Baiduの概要

まずはBaiduの概要から見ていきましょう。Baiduは2000年に北京で生まれた中国の検索エンジンで、今や世界的なインターネットサービスとなっています。

中国最大の検索エンジン

Baiduは中国国内で最大のシェアを占めているのはもちろんのこと、世界でもGoogleに次いで2位の検索エンジン市場を抑えている巨大な検索エンジンです。

これは中国本土で利用されているだけでなく、世界中に中国系の人々が居住し、現地のインターネットからBaiduを利用していたり、中国人向けにビジネスを考えているユーザーが情報収集に活用していることからこのような数字になっていると考えられます。

インターネット利用における重要なインフラ

中国では海外のネットサービスが禁止されているケースが目立つため、国内向けに提供されているネットサービスはその代替手段に過ぎないとされることもあります。

ですが、結果的に中国人ユーザーがBaiduなどの国内サービスに集中したため、中国人にとっては重要なインフラとして発展してきた歴史は見過ごせません。

中国人に向けた情報インフラとして成長を遂げ、今や中国事情を理解するには必須の存在となりました。

Baiduの登録方法

次にBaiduの登録方法について見ていきましょう。Baiduは “百度Japan(バイドゥジャパン)”が設立されていることからもわかるように、日本からでも正規の方法で利用することができます。

日本からもBaiduアカウントは登録可能

Baiduの登録方法はいたって簡単で、用意するものは電話番号のみです。

まず以下のリンクへアクセスし、「立即注册」をクリックします。

https://yun.baidu.com/

あるいは直接アカウント登録ページに以下のリンクからアクセスすることも可能です。

https://passport.baidu.com/v2/?reg&overseas=1

「手机号」は電話番号、「用户名」はユーザー名、「密码」はパスワード、「验证码」は認証コードを意しています。

まず日本の国番号である+81を選び、自分の番号のはじめの0を抜いて入力します。すると認証コードがSMSで送られてくるため、これを登録ページに入力し、ユーザー名とパスワードを設定することで登録は完了です。

全て中国語で表記されているため最初は戸惑ってしまうかもしれませんが、登録そのものは非常に簡単です。

今からでもすぐにアカウントを作ることが可能なので、ぜひ試して見てください。もちろん登録によって料金などが発生することもありません。Googleアカウント感覚で利用することができます。

登録後の設定について

アカウント登録後も、設定しておくと便利な項目がいくつかあります。例えばセキュリティ設定です。

登録直後はあくまで自分の電話とアカウントを紐つけただけの状態であるため、メールアドレスなどを登録した方がより利便性が増します。

セキュリティ設定は帐号设置(アカウント設定)のページの密保工具(セキュリティ)から行うことができます。メールアドレスを登録し、万が一電話番号が使用できなくなったり、アカウント名やパスワードを忘れてしまった際にアカウントを復活させるのに使用することができます。

使用できるメールアドレスはGmailから独自ドメインまで、ポピュラーなものは基本的に全て利用することができます。電話番号と紐付けされているアカウントは作り直しが難しいため、もしもに備えて登録しておくとよいでしょう。

Baiduアカウントの使い方

次にBaiduアカウント作成後の活用方法も見ていきましょう。Baiduはアカウントを作らなくとも様々なサービスを利用できますが、アカウントを作成することでさらに広範な機能を利用することもできます。

中国事情を知るのには最適の検索エンジン

Baiduは中国最大のシェアを持つエンジンとなっているだけあり、キーワード検索機能以外にも充実した情報検索サービスを利用することができます。

ニュースや知恵袋、Wikiといった基本的な機能から、MP3の視聴、動画検索や辞書機能、病院検索、チケット売買、ヘルスケアなど、キーワード検索をせずともこれらの細分化サービスを利用することで、十分に質の高い情報収集を行うことができるよう設計されています。

初めてBaiduを利用する人は、そのサービスの多さに圧倒されるかもしれませんが、活用できれば非常に便利な設計となっています。

Baiduアカウント限定の機能も

また、アカウント保有者向けにBaiduが提供しているサービスも複数存在します。例えば中文広告・WebマーケティングもBaiduが提供している広告サービスの一種で、規模や予算に応じてBaiduユーザー向けにネイティブな広告を打つことが可能です。

このサービスはBaiduジャパンでも積極的に提供が進んでいるため、興味のある方はこちらのページから詳細を閲覧することができます。

https://www.baidu.jp/info/ad/index.php

おわりに

Baiduは中国のインターネットユーザー6億人にアプローチすることができる媒体であると同時に、6億人のユーザーを基にした中国に関する情報を収集できる有益な検索エンジンでもあります。

中国向けの越境ECなどを考えている場合、Baiduが頼もしい情報ソースとなることは間違いありません。

Spread the love