世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

【まとめ】中国のラーメンと日本のラーメンの違い

中華料理に由来するラーメンは、日本でも人気グルメとして数多くのお店が軒を並べています。しかし、現在では日本と中国のラーメンは全く異なる料理だと言っても過言ではありません。この記事では、中国ラーメンと日本ラーメンの違いは何なのか、両国のラーメンの由来や違いについて紹介します。

日本のラーメンは中国ラーメンとは異なる

日本では今や国民的な料理の地位を持つ「ラーメン」。日本人は、ラーメンは和食というよりも中国が起源の料理であると考えている人が多いはずです。一方で、中国人からすると、日本のラーメンは本来のラーメンではなく、あくまで日本式であると考えています。そこにはスープ、具、麺といったラーメンを構成するもの全てにおいて違いがあるからです。それでは一体、日本のラーメンと中国のラーメンにどのような違いがあるのか、1つずつ紹介していきます。

違い①こだわるポイント

日本:スープ

中国:具

日本人がお店でラーメンを選ぶとき、「味噌」「しょうゆ」「とんこつ」「しお」といった「スープの味」で選んでいるかと思います。一方、中国では「牛肉」「五目」といった「具材の種類」でラーメンが選ばれています。つまり、ラーメンにおいて優先する物のこだわりが違うのです。日本はスープにこだわりを置いていることから、特に「出汁」に力を注いでいます。豚肉や野菜、魚から出汁をとり、場合によっては丸一日煮込んだりもします。逆に中国においてはスープはあっさりとしており、その分具材においては牛肉、大根、たまごなどを充実させることに重きを置いています。

違い②麺の種類

日本:固め

中国:やわらかめ

日本人が初めて中国のラーメンを食べると、麺の太さや柔らかい歯ごたえに驚くかと思います。この違いは、「鹹水(かんすい)」と呼ばれる塩分を含んだ水を加えるか否かにあります。日本のラーメンはこの鹹水を加えて麺を製造することで、「コシ」を生み出しています。一方、中国では鹹水を加えずに麺を作るため、コシの無いうどんのような「やわらかめ」の噛ごたえになります。また、麺の「製造方法」にも大きな違いがあります。日本の場合は、麺は「製麺機」で小麦粉を伸ばして細くしていきます。一方中国では、「手打ち」で小麦粉を引っ張り細長くしていきます。そのため中国のラーメン店では、お客が好みの太さを注文すると、その場で好みの太さに引っぱり伸ばし、麺を茹でてくれます。

■参考

皇朝 日本のラーメンと中国のラーメンは違う食べ物だった

中国ラーメン

中国のラーメンは、今や代表的な和食の1つとも呼べる日本ラーメンの元になった本場のラーメンです。しかし、その歴史・起源を知らない方は多くいるのではないでしょうか?

ここでは中国ラーメンの由来とその特徴について紹介します。

由来

中国では、ラーメンは「拉麺」と呼ばれます。それは「拉麺」の「拉」が「引っ張る」という意味であることに由来します。拉麺の最も有力な発祥地は、中国西北地方の甘粛省・蘭州。かつて、ここ蘭州はシルクロードの通過地点であることから多くのイスラム教徒が居住しています。そのため、豚肉を使わず、牛肉を使用した「牛肉拉麺」が食されてきました。つまり、元来の拉麺はイスラム法上で食べることが許されている「ハラル食品」であったと言えます。蘭州内ではこの「牛肉拉麺」のお店が数多く立ち上がり、そして今では中国全土に「蘭州牛肉拉麺」として広まりました。従って、中国では「蘭州牛肉拉麺」が最もスタンダードで、ポピュラーな拉麺として認知されています。

■参考

中国語スクリプト 日本のラーメンと中国のラーメン(拉麺・拉面)の違い・特徴

特徴

今では「蘭州牛肉拉麺」を出すお店が中国全土にありますが、その拉麺を「蘭州牛肉拉麺」呼ぶための定義があります。その定義とは「一清・二白・三紅・四緑・五黄」。順に「牛骨スープ・白い大根・赤いラー油・緑のパクチーまたはニンニクの芽・黄色の麺」を意味し、これらが揃って初めて「蘭州牛肉拉麺」と呼べるのです。手打ちで作られる中国の拉麺ですが、麺の種類は数多く存在します。刀削麺(湯で茹でる直前に包丁で麺を削り落として茹でた麺)や面片(小麦粉を平たく伸ばし、ワンタンのような食感にゆでた麺)など、どれも手打ちであるため、注文の場で好みの麺の形・太さにしてもらえます。

■参考

Lilian ラーメン発祥の地~中国の麺文化~

日本ラーメン

外国人が選ぶ1番人気の和食の1つとしても知られる日本のラーメン。その日本ラーメンは中国からいつ、どのように広まり独自の発展を遂げてきたのでしょうか?

日本人でもあまり知らないその歴史を紹介していきます。

由来

日本で初めてラーメン屋が誕生したのは1910年。明治維新が終わり、外国人が日本にも訪れるようになったこの頃、その流れで中華料理屋も増え始めていました。そして、日本初のラーメン屋「来々軒」が誕生しました。その後は日本各地でもラーメン屋が誕生し始めましたが、ラーメンが最も日本中に認知されるようになったのは戦後の時代です。1945年、第二次世界大戦が終わった貧しい最中、当時は日本でも闇市が存在していました。貧しい環境で求められていたのは、簡単に食材が手に入り、なるべく安く提供できる料理。そこでラーメンが作られ始め、庶民に広まっていきました。その広がりは日本全国へと行き渡り、直後の1947年には九州久留米市で「豚骨ラーメン」が誕生。同年広島県尾道市では「尾道ラーメン」が誕生。1955年に北海道札幌市で「味噌ラーメン」、東京都中野市で「つけ麺」が立て続けに。そして遂に、1958年、日本初のインスタントラーメン「チキンラーメン」が日清食品より発売されました。

■参考

店通 【ラーメン歴史年表】日本初のラーメンは意外な味!?ラーメン発祥の店と有名店の歴史 

特徴

日本のラーメンは、「スープの多様性」が1番の特徴。特に、各地域ならではの生活スタイルや産物に合わせてスープをアレンジしてきたことが、日本独自であるといえます。

例えば、広島県尾道市の「尾道ラーメン」。鶏ガラの醤油をベースとし、なんといっても1番の特徴は、ご当地ならではの瀬戸内の魚介ダシを使用していること。瀬戸内の魚介ならではの少しクセのある旨みは、尾道ラーメンだけの個性的な風味を醸し出しています。

続いて、背脂ラーメンとしても知られる新潟県の「燕三条系ラーメン」。1955年当時、工場地帯であったこの地で、工場員の疲れを取るため料理として提供され始めました。疲れを取るために醤油味のより濃いものにし、一方で背脂でしっかりと甘みも取れて、さらにその脂でスープが冷めにくいように工夫するなどして、その土地柄にあったものとして燕三条系ラーメンが広まっていきました。

まとめ

日本で1番ポリュラーな料理の1つであるラーメン。しかしその発展の裏にある背景は、日本人でもあまり知らない人が多かったのではないでしょうか?日本のラーメンの起源である中国の拉麺は、近年日本でも徐々にお店が出店し始めています。ぜひ1度、実際にお店に足を運んでみて、両者の違いを体験してみてください!

海外向けのマーケティングでお悩みはありませんか?

Globalizeを運営する株式会社LIFE PEPPERでは、細かい施策や改善だけでなく、戦略設計から実行を含めた「ビジネスの成果」に繋がる海外向けのマーケティングをご提案します。

海外向けのマーケティングでお困りの方はこちら