世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

11月11日「独身の日」 中国最大のECセール

皆さんは独身の日がいつだか知っていますか?

独身の日とは11月11日にある中国の祝日です。

この独身の日にはECサイトで中国最大のセールが行われており、実はたった1日で日本の大手ECサイト1年分の売上を叩き出すんです。

この驚異的なセールでは一体どのような商品が売れるのでしょうか?

また、ECサイトが行う1年のセール日も紹介しています。 

越境EC事業を行う日本の企業にとっては、独身の日は特に重要ですよ!

独身の日とは?

独身の日が11月11日なのは知っている人もいるかもしれませんが、一体どういう日なのか詳しく知らない人もいるでしょう。

そこで、ここでは独身の日と呼ばれるようになった理由について紹介します。

また、独身の日がどのくらいEC事業において規模が大きいのか解説するので、知識を深めておきましょう。

独身の日の由来

11月11日は、1人を連想させるような1という数字が4つも並んでいることから、独り身の人の日という意味で広まりました。

1993年から南京大学の学生たちが始めた記念日で、メディアがそれを取り上げ、一般的に結婚相手を探す日になったのです。

今では、独身の若者たちが集まってパーティを開催するようになり、贈り物をする習慣も根付いています。

日本ではポッキーが4本並んでいるように見えることから、ポッキーの日で親しまれている日付ですよね。

当日ポッキーやプリッツを購入して、友達と交換して食べた経験があるのではないでしょうか。

独身の日も同じように、その日を楽しむために中国国内で広まったのでしょう。

ちなみに、日本では独身の日と呼ばれていますが、中国では光棍節(こうこんせつ)と呼ばれています。

光棍とは独身者という意味で、もちろん中国の公式の祝日ではありませんよ。

独身の日の市場規模

独身の若者たちがパーティーで楽しんでいる日には、一体どのくらいの市場規模があるのでしょうか。

アリババグループが運営しているECサイトが、2018年に2135億元(約3兆5,000億円)の売上げを記録しました。

この売上をたった1日で叩き出すのですから、いかに規模が大きいか明白です。

2017年の売上は1683億元(約2兆8,594億円)だったので、前年に比べて27%も増加していることになります。

独身の日に行われるセールは「デートに行けない独身者はネットで買い物をしよう」をコンセプトに2009年からスタートし、10年経った今では他のECサイトを含めると5兆円を軽く超えるまで成長したので驚きですよね。

わずか1日でこれほどのお金が動くので、EC事業に携わっているのであれば独身の日に参入しない手はないでしょう。

■参考

ネットショップ担当者フォーラム  アリババ「独身の日」、越境ECの流通額1位は日本、輸入ブランドでは2位にMoony、3位に花王 https://netshop.impress.co.jp/node/5953

どのようなものが売れるの?

これほど大きな規模でお金が動く独身の日に、一体どのようなものが売れているのか気になりますよね。

そこで、ここでは中国のECサイトの日本商品の売上ランキングや、ECサイトでどのようなものが購入されているのかを紹介します。

中国にはどのような需要があるのかチェックして、EC事業展開のヒントにしましょう。

日本商品の売上ランキング

アリババグループの越境ECサイト「天猫国際」で、2018年度の流通総額が一番多かった国は日本であることが発表されました。

つまり、日本の商品が一番売れたということです。

2位はアメリカ、3位は韓国、続いてオーストラリア、ドイツ、イギリス、フランス、スペイン、ニュージーランド、イタリアの順でした。

ブランド別の流通総額のベスト10を見てみると、「Moony」と「花王」がそれぞれ1位と2位にランクイン。

どちらも紙おむつで有名なブランドですね。

また、「Moony」や「花王」以外にも、ユニクロや資生堂、パナソニックなども売上高1億円を超えています。

商品カテゴリーごとの流通総額ランキングは、1位が健康食品、2位が粉ミルク、3位はフェイスマスク、紙おむつ、エッセンス、ベビー用品、乳液、洗顔料、メイク落とし、化粧水と続いていました。

美容や健康、乳幼児用商品が人気カテゴリーの上位だったことが、「Moony」と「花王」が上位を独占した要因かもしれませんね。

日本の高品質な商品は多くの中国人から関心を得ているので、日本商品を中国国内に売り込むには1年の中で非常に重要な日と言えるでしょう。

■参考

ECのミカタ 【独身の日結果発表】アリババが流通総額2,135億元(約3,5兆円)を達成し日本や欧米も席巻

 https://ecnomikata.com/ecnews/20779/

現在、中国で流行っているもの

これまで中国では高品質なものといえば日本をはじめとする国外ブランドの商品が人気でしたが、近年は中国ブランドの商品が評価されつつあります。

2017年度ベビー用品の粉ミルク部門ではビーイングメイトやジュンラーバオ、紙おむつ部門ではチャオスやレルヒが人気でした。

また、化粧品部門では百雀羚というブランドが上位にランクインし、家電部門では日本の代表的なメーカーであるシャープを抑えて、ミデアとハイアールが1位2位を独占するほど、国内ブランドが人気を集めました。

確かに国内ブランドも人気を集めていますが、国外ブランドも魅力的な商品が多いので、今後どのくらい中国ブランドが昇り詰めていくのか楽しみな部分ですね。

他のセール日

EC事業において独身の日の売上が強烈なので、セールと言えば11月11日の印象が強いですが、実は他にもセールを実施している日があります。

押さえておきたい日は以下の4日です。

  1. 春節
  2. 京東の日
  3. 国慶節
  4. 12月12日

それぞれどのような日なのか紹介していきます。

春節

春節(旧正月)は、中国で消費活動が活発になる大型連休です。

特に20~30代の年齢層が利用しており、高品質の商品を好む傾向があります。

独身の日は自分のために買い物をする人が多いですが、春節は親戚に贈り物をする習慣から、人に喜ばれる商品の売れ行きが良いです。

例えば、学習参考書や高齢者向けの健康商品、貴金属商品が人気を集めています。

なかなか自分で購入しないものをもらうと嬉しいですよね。

他にも、家族で過ごす期間でもあるので、食品や飲料の消費が多いことから、火鍋具財や水餃子、団子などの冷凍食品や、オレンジやりんごなどの果物を購入する人も多いです。

日本の正月でも同じような消費傾向なので、独身の日に比べると春節に売れやすい商品はイメージしやすいのではないでしょうか。

京東の日

京東の日は中国で人気のECサイトである「京東(JD.com)」が始めたセールイベント期間です。

2010年から運営会社「京東商城」の設立日である6月18日にセールイベントがスタートし、現在は6月1日から18日までの期間にわたって開催されるようになりました。

その後、この期間は他のECサイトもセールを実施するようになり、約2週間にわたってEC業界が盛り上がる期間になったのです。

期間中良く売れている商品は独身の日と差はなく、洗剤やシャンプーなどの日用品や、粉ミルクや紙おむつなどのベビー用品が売れています。

普段から使うものでいくつあっても困らないため、安いうちにまとめ買いをしようとする人が多いのかもしれませんね。

JD.comについては以前にも記事を書いているため、こちらを参考にしてください。

国慶節

国慶節は日本でいう建国記念日で、10月1日に毛沢東によって中華人民共和国が誕生したことを祝って、この日から1週間の大型連休が始まります。

10月1日から7日まで連休なので、当然消費傾向が高まり、EC業界でも盛り上がりを見せる期間です。

国慶節は他の祝日に比べると歴史が浅く、春節ならおせち料理というような、これを食べるといった風習はありません。

そのため、特定のイベント商品が爆発的に売れるというのではなく、独身の日や京東の日のように、その年の人気アイテムが売れる期間です。

もし参加するのであれば、20~30代が好む美容系商品や日用品を積極的に展開した方が良いかもしれません。

12月12日

12月12日もEC業界では重要な日で、1年を締める最後の販促イベントが開催されます。

アリババが始めた独身の日に対抗して、タオバオが2012年の12月12日にショッピングイベントを開催したのがきっかけです。

この日は1年の最後のセールということもあり、各企業が取り組みに力を入れています。

ちなみに11月11日は独身の日でしたが、12月12日は愛を告げる記念日です。

要愛(ヤオアイ)と12(ヤオアー)の発音が似ていることから広まりました。

独身の日が近いのでただ単に商品を売るのではなく、モバイル端末にコンビニやタクシーの割引券を配布したり、清掃サービスや治療サービス、英語レッスンなどのサービス商材を販売したりしています。

面白い商品が展開されているので、アイデア次第で爆発的な売上げが期待できるかもしれませんね。

まとめ

中国のEC業界では独身の日をはじめ、さまざまなセールイベントが開催されています。

想像も付かないような大きなお金が短期間で動くので、商品次第で数カ月分の売上げが期待できるでしょう。

しかし、開催されるセール日によってユーザーのニーズも変わります。

ただ出品すれば売れるとは限らないので、欲張りすぎずしっかりターゲットを絞って、商品を展開しましょう。

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ