世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

イースター休暇とは?国ごとの過ごし方を紹介!

日本ではあまり馴染みがありませんが、キリスト教圏ではクリスマスに並んで重要なイースターと呼ばれる祝日があります。日本にはイースター休暇はありませんが、実は海外では前後も祝日となることが多く、3~4連休の長期休暇になることも少なくないんです!

この記事では、イースター休暇がなぜあるのか、イースター休暇で一体どんな過ごし方をするのか、について紹介します。国によって過ごし方がばらつきがあるので、国ごとに詳しく解説していくので、他国の文化について興味のある人やインバウンド需要を狙っている人は、この記事を読んで知識を深めましょう!

イースター休暇とは?

イースター休暇とは、イエス・キリストの復活を祝うために設けられた祝日です。
ユダヤ教徒などイエス・キリストのことを良く思わない人たちによって死刑宣告され、イエス・キリストは公開処刑をされてしまいます。ところが、その3日後にイエス・キリストが復活を果たし、その復活祭としてイースター休暇が生まれたのです。

イースター休暇の直前には卵をモチーフにしたイースターエッグと呼ばれる食べ物や雑貨が設置されます。卵の殻にペイントしたりゆで卵を丁寧に装飾していたりするのを、見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。
イースター休暇にイースターエッグが飾られる理由は、卵からヒナがかえる様子がイエス・キリストの復活を連想されるからです。

また、冬が終わり春が訪れることによって、生命や緑が復活することを卵で表しています。イースターエッグの他にもイースターバニーと呼ばれるウサギをマスコット化した食べ物や雑貨が見られ、新しい命の躍動感をウサギの飛び回る姿で表しているのです。

イースター休暇はイエス・キリストの復活を祝う風習が、新しい命の誕生を祝う風習として受け継がれているのでしょうね。

イースター休暇の日程

イースター休暇は主の晩餐(木曜日)、主の受難(金曜日、グッド・フライデー)、復活徹夜祭(土曜日)、復活祭(日曜日)の4つの祝日によって成り立っています。

主の晩餐の日は木曜日なのですが、月曜日に祝日を振り返ることが多く、金曜日から月曜日までの4日間が一般的なイースター休暇です。日にちが決まっているわけではないので、年や国によってイースター休暇の日程にズレが小実ことがあります。

イースター休暇の決め方

イースター休暇の決め方は、春分の日後の最初の満月が出た日の次に日曜日を目安に決定されます。そのため、満月が出た日によって日にちが変わるのです。

目安となる日曜日をイースター・サンデーと呼び、その日の2日前の金曜日から翌日の月曜日までがイースター休暇になります。

春分の日は3月20日もしくは21日なので、早くてもこの日よりも前に実施されることはありません。
一般的には3月の下旬から4月の下旬までの間に行われます。

2020年のイースター休暇の予定

2019年のイースター休暇は4月19日~22日まででしたが、2020年は4月10日~13日までの予定です。

イースター休暇はキリスト教にとって、クリスマスと同じくらい重要な日と言われています。イースター休暇は毎年異なり、国によって期間も異なるので、その期間に海外で過ごす人やインバウンド需要を狙う人は来年以降のイースター休暇の情報は早めに入手しておきましょう。

イースター休暇の過ごし方

イースター休暇では、ミサに参加したり、肉類乳製品の摂取を禁止したりするのが一般的です。ここでは、国ごとにイースター休暇でどういった過ごし方をしているのかについて紹介します。

今回紹介する国は以下の5カ国です。

  1. アメリカ
  2. イギリス
  3. イタリア
  4. ドイツ
  5. 香港

それでは、順に説明します。

アメリカの過ごし方

アメリカの場合、法律で祝日として認められていないため、イースター休暇の過ごし方は州ごとに異なります。
ほとんどの州では、金曜日から日曜日までの3日間がイースター休暇として認知されていますが、アメリカの企業の約20%しか休日にしていません。

つまり、イースター休暇は=休日という認識はまだまだ浸透していない傾向です。祝日として認められてはいないものの、イースター休暇期間では以下のような過ごし方をします。

  • 自宅で食事を楽しむ
  • 教会のミサに参加する
  • 家族・親戚・友人と過ごす
  • 卵探し

イースター休暇だからといって特別なことをするのではなく、家族など大切な人との時間に使っているのでしょう。子どもがいる家庭では、色のついたプラスチック製の卵を探す(エッグハント)遊びで楽しく過ごすことが多いです。

イギリスの過ごし方

続いてイギリスのイースター休暇の過ごし方を紹介します。
イギリスは主の晩餐、主の受難、復活祭を祝日としているので、多くの企業や学校は4連休です。

ただし、イギリスはキリスト教以外の宗教も普及しているので、キリストの復活祭よりも春を祝う意味合いが強い特徴があります。
イギリスは以下のような過ごし方です。

  • 家族で食事を楽しむ
  • 実家に帰省する
  • 旅行を楽しむ

4連休なので、実家に帰省したり国内・海外旅行を楽しむ人が多いです。
この期間は小売店やレストランも休みになるので、家の中でのんびり過ごすか海外に旅行する人が多くなる傾向があります。

日本でもGWには家族で遠出しますよね。
イギリスのイースター休暇は日本のGWのようなものかもしれません。

イタリアの過ごし方

イタリアでは、主の晩餐と復活祭が祝日なので、一般的には3連休です。
イタリアもアメリカと同じように過ごします。

  • 教会のミサに参加する
  • 家族や親戚と食事を楽しむ
  • エッグハントをする

企業によっては4連休の場合もあり、旅行に行く人も多いです。
交通量が多くなり、交通機関やホテルは混雑する傾向があります。

ドイツの過ごし方

ドイツもイギリスと同様に4日間がイースター休暇です。
ドイツ人は以下のように過ごします。

  • 家族で食事を楽しむ
  • キャンプファイヤーのような「イースターファイヤー」を見る
  • 卵探し(エッグ・ハント)をする

家族で食事を楽しんだり、エッグハントをしたりする風習は他の国でも見られますが、イースターファイヤーはドイツならではの風習と言えるでしょう。キャンプファイヤーのように人が集まって、夜の時間をゆっくり楽しむことが多い傾向があります。

香港の過ごし方

最後に香港の過ごし方を紹介します。
香港はイギリスの支配下にあったため、今でもキリスト教徒が多いです。

そのため、イースター休暇は香港にとって馴染みの深い休暇の1つと言えるでしょう。
香港もイギリスと祝日が同じなので、イースター休暇は4日間です。香港では、イースター休暇になると街中がイースター一色になります。

  • イースターに関連のある装飾をする
  • 海外旅行する

休みが長いので海外に旅行に行く人が多く、家族と過ごすよりは自分の時間を楽しむ人が多いです。また、イースターの装飾は、イースターエッグやイースターバニーが中心ですが、中華らしい赤色が混じったアイテムを飾ることもあります。

まとめ

イースター休暇は国によっては大切な日です。
日本では馴染みがないかもしれませんが、海外旅行客が増える時期でもあるので、インバウンド対策としてイースター休暇を狙うのも有効ではないでしょうか。

国によって過ごし方が違ったり、日程にズレがあったりと、珍しいイベントなので、海外の文化に興味がある人はその時期に合わせて訪れるのも良いかもしれませんね。

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ