世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

外国人に人気の観光地は?インバウンド集客のポイント

2019年現在、日本は数多くのインバウンド観光客で賑わっており、全国各地の観光スポットが外国人観光客で溢れているほどです。

ただ、どこの観光地にも満遍なく海外から観光客が訪れているわけではなく、スポットごとの人気にはある程度差があるものです。

今回は、そんな外国人に人気の日本の観光スポットや、インバウンド集客をさらに高めていくための方法を、いくつかご紹介していきます。

外国人に人気の日本の観光スポット

まずは、世界で最も注目を集めている、日本の観光スポットについて見ていきましょう。

東京(首都圏)

1つ目は東京、あるいは神奈川県や千葉県といった東京に隣接する地域です。

ただでさえ日本の首都ということで大いに注目を集めているだけでなく、文化的にも高い成熟度を誇っているということで、日本=東京と言っても過言ではないほどです。

世界最大級の都市と評されることもあって、観光スポットに限らず都内のいたるところで海外からの観光客を見かける上、ショッピングもあちこちで楽しむことができるので、数日の旅行であれば東京にいるだけで全ての用事を賄うことができます。

また、東京に隣接する千葉や神奈川も、東京ディズニーランドや横浜、鎌倉などを抱えていることもあって、東京を訪れたついでにこちらの観光地にも足を運ぶという旅行者は後を絶ちません。

特に鎌倉は外国人観光客でごった返しており、その数を制限するという話まで出てきているほどです。

参考:訪日ラボ「【鎌倉】ついに入場制限へ…4万3,000人の沿線住民の利用を優先する『オーバーツーリズム対策』江ノ電駅は改札までインバウンドが長蛇の列」

海外からの旅行者が多く観光地を訪れてくれることは嬉しいものですが、これからのインバウンド向けのサービスを考える場合、現地がパンクしてしまわないよう、旅行者を上手に案内するための施策も検討していく必要があると言えます。

大阪

西日本最大の都市である大阪も、中国や韓国からの観光客を中心に人気の高いスポットです。

東京ほどの人口密度ではないものの、都心へ行けば十分にショッピングを楽しむことができるだけでなく、USJや海遊館など、アジアでも有数のテーマパークを十分に備えているのが強いところです。

物価も東京ほどではないため、宿泊費や飲食費も東京ほどかさまない傾向にあるのも嬉しいポイントです。

また、大阪は周辺に京都や奈良といった、有数の観光スポットを多数揃える府県も隣接しています。特に京都は東京からは遠く離れているのにも関わらず、東京並み、あるいはそれ以上の観光客でごった返しています。

世界の旅行口コミサイト、トリップアドバイザーにおいても京都の伏見稲荷神社は日本で最も人気のある観光スポットとして紹介されており、今後ますます観光客の数は増加していくことになるでしょう。

北海道

日本の最北端に位置する北海道も、今海外からの観光客が増え始めているスポットです。

北海道は、夏は涼しく過ごしやすく、冬はウィンタースポーツが楽しめる場所として、海外からの旅行者から高い評価を集めてきています。

人口密度も本州に比べて低く、気軽に過ごせる場所として、富裕層の保養地としての役割や、本国では普段雪が降らないからということで、遊びに来るアジア系のインバウンド旅行者からも人気です。

レンタカーを借りれば、北海道の雄大な土地をしっかりと楽しむこともできますし、砕氷船に乗ったりなど、緯度が高いからこそのアクティビティも盛りだくさんです。アジアの至高のリゾート地として、北海道は大きなポテンシャルを秘めていると言えるでしょう。

徐々に注目され始めている密かな観光スポット

上記のスポット以外にも、日本には密かに海外からの注目を集めている場所がいくつも存在します。

徳島県三好市

例えば、徳島県の三好市は日本人も寄り付かないほどの秘境にありながら、年間2万人もの訪日観光客が訪れる大人気スポットとなっています。

参考:JTB「年間2万人の訪日旅客が訪れる 徳島県三好市の祖谷」

三好市は日本の三代秘境と呼ばれる場所の1つに指定されており、その名に恥じない手付かずの自然や日本の豊かな緑を存分に堪能できる環境が最大の魅力です。

交通アクセスの悪さも折り紙つきなのですが、三好市はこのアクセスの悪さを魅力として紹介していったのです。

アクセスが悪いということは他の観光客も寄り付きにくく、日本の秘境を存分に楽しめるかもしれないという期待につながります。

今や有名どころはどこもかしこも観光客だらけとなりましたが、そんな時代だからこそ最高の集客力を放っていると言うこともできるでしょう。

広島県

西日本の観光スポットは盲点が多いところですが、広島も訪日外国人から高い人気を集めている観光地です。

宮島の厳島神社は世界有数の絶景スポットとして高い評判を集めていますし、平和記念公園にある原爆ドームは、厳かでありながら大きなインパクトを訪れた人に与えてくれる、日本有数のメモリアルパークです。

広島は中国地方ですが、九州も東京に比べると近いため、日本の南部を旅行してみたいという人にとっても行きやすいのが嬉しいところです。

インバウンド集客に繋げるためのポイント

魅力的な観光地の存在は集客には欠かせませんが、それを支える数々の施策を実行していくことも大切です。

多言語対応

1つ目は多言語対応です。多くの観光地では英語や中国語、韓国語の対応は進んできているため、コミュニケーションが通じないということで集客が遠のいてしまうというケースはあまり見かけなくなってきました。

次に肝心なのは東南アジア地域のお客さん射向けた言語の対応も出来る限り拡充していくということです。東南アジアはタイ語やベトナム語、インドネシア語など、地域によって話されている言語がバラバラであるため、全てに対応するのは困難を極めます。

そのお店を訪れる人は何人が多いのかを見極めながら、適切な言語対応ができるようになると良いでしょう。

キャッシュレス対応

現金ではなく、クレジットカードやQRコードなどのキャッシュレス決済に対応できることも必要です。

旅行客とはいえ現金を多く持ち歩くことを嫌う人は多く、現金の利用を渋ってお土産を買わないというケースも少なくありません。消費を積極的に促していくなら、クレジットとQRの最低2つは用意しておくことが大切です。

コト消費への注目

また、旅行者はお土産を買うのではなく、その場所を訪れた記念になるような体験にお金を払いたい傾向を抱くようになってきています。

いわゆる「コト消費」への転換ですが、工芸品づくりの体験やお寺の生活体験など、思い出づくりを手伝えるサービスを積極的に展開することも重要です。

おわりに

日本のインバウンド観光客は増加し続けていますが、適切な施策を実行していくことで、その数をますます伸ばしていくことができます。

日本には人気スポット以外にも、海外はおろか日本でも知られていない観光スポットはいくつもあるものです。隠された観光資源をうまく発掘しながら、海外にプロモーションをしていくことが、インバウンド需要を高めるのに大きな役割を果たすでしょう。

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ