世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

グリーンツーリズムとは? 海外の成功事例とまとめ

グリーンツーリズムとは、農山漁村地域で実際に農作業や漁業を体験し、人々との交流を図る余暇活動のことです。地域活性化・地方創生が注目されている中で、グリーンツーリズムは有効な手段の1つとなります。

この記事では、グリーンツーリズムのメリット・デメリット、成功するために気を付けたいことなどを紹介しており、グリーンツーリズムを実施しようと考えている方にはピッタリの内容となっています。 

グリーンツーリズムとは

グリーンツーリズムとは人々が休暇を利用して農山漁村を訪れ、実際に農作業や漁業などを体験し、現地の人々との交流などを楽しむ余暇活動です。長期休暇が比較的多いヨーロッパで普及しており、近年日本でも少しずつ広まりをみせています。

グリーンツーリズムは主に「日帰り型」と「滞在・宿泊型」の2つに分かれています。

日帰り型は1日で楽しむことができるものをいい、例えばぶどう狩りやいちご狩りなど地域の観光農園の利用もその1つとされています。また、道の駅などの農産物直売所で地元の農産物を購入することや、実際に農業体験ができる農業公園を利用することもあげられます。

滞在・宿泊型は宿泊や滞在を伴うものをいいます。例えば農家民宿のように農業を行っている農家がその住居を旅行者に提供し、滞在中に一緒に農作業をしたり郷土料理作りなどを体験するものがあります。

参考:農林水産省 「グリーン・ツーリズムとは」
http://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/kyose_tairyu/k_gt/

グリーンツーリズムの目的

グリーンツーリズムの目的は大きく3つあると考えられています。1つ目は農山漁村の活性化です。外部から人が入ることによって地域が外に開け、経済的にも地域の活動にも新しい動きが生まれます。2つ目は新たな産業の創出です。農家にとっては日常的な体験を提供することによって、観光という産業にも挑戦することができます。3つ目は、人々の農山漁業に対する理解を深めることです。農山漁業地域に実際に訪れることは、普段は都市部で生活する人々にとって農山漁業を知る絶好の機会となります。

参考:農林水産省「グリーン・ツーリズムの現状について」
http://www.maff.go.jp/j/study/tisan_tisyo/h18_01/pdf/data7.pdf

グリーンツーリズムを体験する

ではグリーンツーリズムが広がりつつある日本では、どのような地域でどういった体験ができるのでしょうか?ここではいくつかの地域をご紹介いたします。

・埼玉県
グリーンツーリズムを体験できるスポットを多く備え、専用のホームページから目的にあった体験を簡単に探すことができます。
例えば東秩父村にある東秩父村和紙の里では、手漉き和紙づくりの体験やそば・うどん打ち体験などをすることができます。また、隣接した日本庭園や彫刻の森を散策し自然を満喫することもできます。

参考:埼玉県「グリーン・ツーリズムのご案内」
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0902/gurituri/index.html
秩父村「和紙の里」
http://www.washinosato.co.jp/index.html

・神奈川県
収穫体験や農林水産体験ができる施設を多く用意しています。
津久井浜観光農園では季節ごとに様々な農作物の収穫体験をすることができます。三浦半島は温暖な気候なため、他の地域よりも早くからいちご狩りやみかん狩りを楽しむことできます。

参考:神奈川県「かながわのグリーンツーリズム」
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n8f/cnt/f300581/index.html

・四国(徳島・香川・愛媛・高知)
四国4県は共同してグリーンツーリズムを推進しており、四国グリーンツーリズムというサイトにて様々な体験を紹介しています。滞在しながら農林漁業を体験できる民宿も多くあります。例えば徳島県にある農家民宿「中島」では古民家に泊まりながら、山で季節の作物を収穫し、旬の味覚を味わうことができます。

参考:「しこくグリーン・ツーリズム」
https://shikokugt.info/
農家民宿『中島』
https://yokogura-inn.com/aboutus.html

実施するメリット・デメリット

グリーンツーリズムを行うにあたっていくつかのメリットはもちろん、デメリットも同時に存在します。

メリット

メリットの1つ目は地域の魅力を発信する場ができることです。普段は中々、農村部などを訪れる機会がない人達に実際に来てもらうことにより、今まで彼らが知らなかった地域の魅力を実際に感じてもらうことができます。

2つ目は外部からの経済的流入を獲得できることです。都市部や他地域から人々が体験に来ることによって、地域内だけでなく外部からの収入ができるのです。

3つ目は地域の活性化です。グリーンツーリズムによって地域が外に開き、人々が来ることによって周辺の商店街や施設などの利用も増えることが見込まれます。このように相乗効果を期待することもできるのです。

デメリット

デメリットとしては、まず受け入れる側の人手不足により活動の存続が厳しい状況に陥ることが考えられます。多くの農山漁業地域では少子高齢化が進み、後継者を見つけることが難しい状況にあります。
このため、活動を続けるにあたって十分な人手を確保することが困難な地域も多いでしょう。次にあげられるデメリットとしては、活動が軌道にのるまでに時間とコストがかかることです。人々を受け入れるために新しい施設を建設し、道などの整備も必要になることが考えられ、大規模な計画になってしまう恐れもあります。

実施する上で気を付けたいこと

それでは、上記のメリット・デメリットを踏まえた上で実際にグリーンツーリズム行っていく際、どのようなことに気をつけていけばいいのでしょうか?

農村地域の商品化

まず1つ目に、農村地域自体が商品化するということです。商品化されるということは、消費されることによって初めて価値が生まれます。消費されるためには消費者のマーケティングが必要です。また、一過性のものにならないよう継続的に地域の価値を高めていく努力をしなければなりません。

プライバシーの問題

2つ目に、プライバシーの問題です。受け入れ側は普段のプライベートな空間を提供するため、受け入れる際にゲストにルールをしっかり説明する必要があります。また自己の情報や干渉されたくないものがある場合、事前に移動させるなどの準備をしなければなりません。

農村地域の差別化

3つ目に、数ある農村地域における差別化です。実施する地域が増えることによって、他地域との差別化が必要になってきます。地域ならではの強みを見出し、他の地域とは異なったものを提供することによって地域ブランド化することが重要です。「ここでしか体験できないもの」というように何か1つでもアピールできるものがあると、より多くの人々を呼び込むことができるのです。

参考:農林中金総合研究所「交流・グリーンツーリズムの変濁と今後の課題-地域再生の視点から」-
https://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n0812re3.pdf

海外のグリーンツーリズム成功事例

では日本に先駆けてグリーンツーリズムが浸透している海外ではどのような成功事例があるのでしょうか。ここでは古くからグリーンツーリズムを行うフランスと、近年グリーンツーリズムが人気となっているベトナムの事例を紹介いたします。

フランス

フランスでは夏季に1ヶ月程度の長期的休暇(バカンス)があり、国内旅行をする人も多いです。最近では、農村などに滞在しゆったりとした時間を満喫する休暇の過ごし方が人気となっています。

フランス西部のヴァレ・ドゥ・ロワール地域ではツーリズム開発を推進する開発協会を中心に、地域密着の農村旅行を商品化しています。開発協会は分析のもと農村での戦略を提案、また農村での民宿施設の品質管理、金銭面でのアドバイスなどで地域をサポートしています。この結果、長期滞在で訪れる人々が増え、新しい施設の建設などで新しい雇用を生み出すことにも成功しています。

参考:「Japan Dairy Green Tourism1997‐1998」
https://www.dairy.co.jp/dairydata/kulbvq000000bewf-att/kulbvq000000bexf.pdf

ベトナム

ベトナムでは近年、農村での農業体験が人気となっています。
ホイアン市から少し離れた場所にあるチェクエ村では「野菜栽培農家の1日体験ツアー」に多くの観光客が参加するそうです。チェクエではバジルなどの香彩を無農薬で育てており、一切農薬を使っていないということが観光客を惹きつけているといいます。チェクエ村では住民が観光ガイドを行うなど、村全体で観光を盛り上げています。他にはない栽培技術と、地域全体として取り組む姿勢が成功につながっていると考えられます。

参考:ベトナムディスカバリー「チャクエの香菜づくり村での1日農業体験ツアー」
https://vovworld.vn/ja-JP/search/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%82%A8.vov

まとめ

いかがでしたでしょうか。地方活性化、地方創生の有効な手段の1つと考えられるグリーンツーリズムについて紹介させていただきました。日本でも徐々に広がりを見せつつある今、地域に新たな価値を生み出すグリーンツーリズムを検討してみることもいいかもしれません。小規模なものから始められますので、ぜひこの記事や記事内で紹介したホームページを参考にしてみてください。

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ