世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

【成功事例付】年間320万人ものインバウンド客が福岡に訪れる理由

福岡は年間320万人の外国人旅行者が来る九州の玄関口となっています。クルーズ船寄港回数全国1位や国際会議の開催回数が政令指定都市1位であり、多くのインバウンド客を惹きつける秘訣になっています。

多くの外国人旅行者が来る福岡ですが、いったいどのような目的で訪れているのでしょうか。福岡でインバウンド集客を考えている人は、ぜひ、参考にしてみてください。

福岡のインバウンド需要

インバウンド需要が拡大していると言われている福岡ですが、どれぐらいの外国人旅行者が来ているのでしょうか?ここでは、福岡のインバウンド需要について分かりやすく解説します。 

概要

福岡の3大繁華街である博多・中州・天神では、ドラッグストアや家電量販店で外国人スタッフを雇用したり、多言語の音声案内ガイダンスを導入するなど、外国人旅行者が安心して観光できる取り組みが実施されています。過去には、中国人向けキャッシュレス決済の実証実験に取り組んだこともあり、インバウンド対策に積極的な姿勢を見せているのです。

そのような福岡には、福岡空港と博多港があります。この2つの玄関口から入国する外国人は増えてきており、2018年度は約320万人と過去最高を記録。日本を訪れる外国人総数は約3,100万人のため、10人に1人が福岡から入国していることになり、福岡は日本経済を牽引する重要な都市としての地位を確立し始めています。

福岡のインバウンド需要データ集

観光庁「訪日外国人消費動向調査」の報告書による2018年度の福岡のインバウンド需要データは下記の通りです。

福岡にインバウンド客が来る理由

福岡にインバウンド客が集まっている理由はなぜなのでしょうか?ここでは、福岡にインバウンド客が来る理由について解説します。

訪日韓国人による下支え

法務省の出入国管理統計では、福岡市に訪れる韓国人旅行者の数が52.6万人から154.3万人と3倍に伸びている結果が公表されています。福岡は韓国との地理的距離が近く、福岡空港、博多港など入国ルートが複数あります。また、福岡空港から仁川空港までは、飛行機で1時間のため、その気になれば日帰り観光も可能であることが、旅行者が増加しているのです。

クルーズ船寄港回数1位

福岡の特徴的な点は「船舶観光上陸許可」の観光客が多いことです。2017年度の寄港回数は326回で、クルーズ船寄港回数は3年連続日本1位。この船舶観光上陸許可の乗客は、中国人旅行者が多くを占めています。中国人旅行者は福岡の来る手段として、クルーズ船が主要な交通手段となっているのです。

国際会議回数政令指定都市1位

また、福岡はMICE誘致において、国際会議の開催件数が東京に次ぐ2位であり、政令市としては8年連続1位。2019年の6月にはG20財務大臣・中央銀行総裁会議が開催され、G20特製パッケージのお土産を販売したり、レストランの特別メニューを期間限定で提供したりと、福岡に訪れた外国人の出身地域や好みに合わせた観光情報を多言語で発信しました。このような取り組みを行っているため、外国人旅行者の誘致に成功しています。

外国人旅行者が福岡でやる4つのこと

外国旅行者は福岡に来て、何を楽しんでいるのでしょうか?ここでは、外国人旅行者が福岡でやることをご紹介します。

日本食を食べる

博多には、博多ラーメン・もつ鍋・辛子明太子・水炊き・海鮮料理など、さまざまな名物料理があります。国によって好みは多少異なるものの、寿司・ラーメン・肉料理は外国人旅行者から人気です。この中でも、ラーメンは世界的に大人気で、こってり系の豚骨ラーメンは外国人旅行者から人気を集めています。

観光地訪問

博多にも観光地はたくさんあり、その中でも博多の守り神「櫛田神社」への参拝が人気です。櫛田神社境内には、力試しをする試石など見所がたくさんあります。また、神社から徒歩2分の場所にある、博多街家ふるさと館には、お土産に最適な伝統工芸品やお菓子なども販売されているので、外国人旅行者で賑わっているのです。また、東長寺で五重塔と大仏の見学も人気の観光スポットとなっています。

 日本文化体験

日本文化体験は、異国を訪ねる際に多くの人が抱くやりたいことの定番のです。各国それぞれに魅力があり、その国に根付く文化に直接触れてみたいと思うのは必然的なことでしょう。博多町家ふるさと館に併設している町家棟では、博多の工芸品作り体験ができます。博多は、博多織や博多人形が工芸品として有名なため、工芸品作りの日本文化体験は人気を集めています。

買い物をする

外国人旅行者は、日本製の商品に高い信頼をおいています。高い航空チケット代を支払い、長距離フライトを経てまで、日本製の商品を購入したいという外国人旅行者が多いです。

福岡の3大繁華街である博多・中州・天神では、ドラッグストアや家電量販店で外国人スタッフを雇用したり、多言語の音声案内を導入するなど、外国人観光者が安心して観光できる取り組みが実施されています。そのため、外国人は安心して買い物を楽しむことができるのです。

外国人旅行者をひきつけた成功事例

外国人旅行者を惹きつけている福岡県の観光スポットとして「福岡タワー」「福岡オープントップバス」「相島」などがあります。これらの観光スポットは、なぜ外国人旅行者を惹きつけるのでしょうか?ここでは、それぞれの成功事例をご紹介します。 

事例①福岡タワー

(出典元:https://www.fukuokatower.co.jp/

福岡タワーの全長は234mで、海浜タワーでは日本一の高さを誇ります。

最上階の展望室に上れば、360度の大パノラマが広がります。福岡市街が一望できて、夜にはロマンチックな夜景が広がり、外国人旅行者も息を呑むほど。展望室にはハート型のオブジェが設置されていて、福岡で初めて認定された「恋人の聖地」もあります。このように、撮影記念スポットも豊富にして外国人旅行者を魅了しているのです。

博多駅からは少し離れていますが、バス一本でアクセス可能で、大型バスで向かっても混雑しないほどの広いエリアのため、外国人旅行者で賑わっています。 

事例②福岡オープントップバス

(出典元:https://fukuokaopentopbus.jp/

オープントップバスは、2階に乗る観光向けのバスで外国人専用のバスではありませんが、インバウンドビジネスで人気を集めているのです。福岡オープントップバスには「シーサイドももちコース」「博多街なかコース」「福岡きらめき夜景コース」の3種類のコースが用意されています。短時間で福岡の街を楽しめることや、博多美人バスガイドによる案内が人気を集めているようです。また、1日1,500円で乗り放題で外国語音声ガイドにも対応していることから、多くの外国人旅行者を魅了しています。 

事例③相島

相島(あいのしま)は、猫がたくさんいる小さな島です。島民の人数も少ないですが、島を歩いているのは外国人旅行者ばかり。外国には猫などの動物はいますが、相島のように触れ合える場所は少ないようです。また、相島の海に囲まれた環境も外国人旅行者からすると新鮮。

福岡県から近く、半日だけの滞在も可能なため、福岡市内を散策した後に相島に行き猫と触れ合い、夜は博多グルメを食べることもできるアクセスの良さも外国人旅行者から人気を集めている要因です。

【まとめ】インバウンド対策3カ条

・外国人旅行者を招くために、店舗に外国人スタッフの雇用や音声ガイダンスを導入するなど、外国人旅行者が安心して旅行できる環境を整えることがインバント対策では重要です。

・滞在期間中に観光地巡り・グルメ・日本文化体験・ショッピングなどが行えるようなコースを立ててあげることが、大きなインバウンド対策につながります。

・外国人の出身地域や好みに合わせた観光情報の提供に取り組むことで、多くの外国人旅行者を招くことができます。

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ