世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

インバウンド集客をアップさせる5つのポイント!対策しなければならない理由とは?

日本への訪日外国人は年々増加傾向にあります。

今後もオリンピックや大阪万博など国際イベントが目白押しです。

しかし、これまで日本人旅行者をメインにマーケティングしていた企業の中には、インバウンド対策で何をすれば良いのかわからないマーケティング担当者もいるのではないでしょうか。

そこで、本記事では、外国人の日本での悩み、インバウンド客の集客をアップさせるポイント、失敗しない対策のコツについて紹介します。

この記事を読んで、インバウンド対策を徹底して、多くの外国人旅行者に来てもらえるようにしましょう。

またこちらの記事では今年に迫った東京オリンピック時のインバウンド集客に着目しています。東京オリンピックという絶好の機会を逃したくない方には必見の記事となっています。

2020年】東京オリンピック|インバウンド集客を成功させる方法

弊社では、インバウンド集客に関する支援事業を行っています。

インバウンド集客を行いたいがやり方がわからない、社内に外国語が分かる社員がいないからインバウンド集客は無理だ、と感じている企業様はぜひ弊社にお気軽にご相談ください。企業様に合ったインバウンド集客の方法をご提案いたします。お問い合わせはコチラから

外国人の日本滞在中の悩み

インバウンド対策をするには、まず訪日外国人の悩みを把握しておく必要があります。

日本に訪れた外国人の悩みは大きく分けて以下の3つでしょう。

  • 上手くコミュニケーションが取れない
  • スマホが使える場所が限定されている
  • 支払いが不便な場所がある

外国人の不満に対応することが、インバウンド対策で重要なことではないでしょうか。

それでは、順に説明します。

上手くコミュニケーションが取れない

飲食店などサービスを提供するお店で、上手くコミュニケーションが取れないことを悩んでいる外国人が多いです。

たとえば、「メニュー表記が日本語で、何て書いているのかわからない」「食べ方の説明を受けても理解できない」といったことがあります。

外国語表記がなくて困るのは、異国を訪れる日本人も同じですよね。

アメリカなど英語圏の国であれば何となく読めても、韓国語やフランス語など普段触れることのない言語の国では、コミュニケーションが取れずに困る人が多いはずです。

そのため、インバウンド対策をするのであれば、まずは言葉の壁を取り払うことが重要と言えます。

スマホが使える場所が限定されている

訪日外国人の情報収集ツールはスマホなので、使える場所が限定されている点に困っている人が多いようです。

確かに、日本ではインバウンド需要に対応するため、Wi-Fi環境が整いつつあります。

しかし、地方に行くとまだまだWi-Fi環境が不十分で、ファーストフードチェーンなど、一部の場所でしか利用できません。

スマホが使えないとなると、外部との連絡ツールが機能しなくなり、地方を避ける外国人がいても仕方がないでしょう。

支払いが不便な場所がある

日本では決済方法がキャッシュレスに対応しておらず、現金のみの場所がまだ多いです。

近年は持ち歩く現金を少なめにして、ほとんどクレジットカードやスマホ決済を利用する外国人が増えています。

そのため、キャッシュレス決済が利用できるお店を探す外国人も増加しているのです。

現金のみしか対応できないお店は、現在のインバウンド需要の波に乗り遅れている可能性があります。

インバウンド集客をアップさせる5つのポイント

インバウンド集客をアップさせるポイントを紹介します。

今回紹介するポイントは以下の5つです。

  • コミュニケーションツールを用意する
  • Wi-Fi環境を整える
  • キャッシュレス化を図る
  • インターネットプロモーションを行う
  • サンプリングを行う

外国人の悩みを把握すれば、上記のポイントが重要であることが分かるでしょう。

それでは、具体的に紹介します。

インバウンド集客を行いたいがやり方がわからない、社内に外国語が分かる社員がいないからインバウンド集客は無理だ、と感じている企業様はぜひ弊社にお気軽にご相談ください。企業様に合ったインバウンド集客の方法をご提案いたします。お問い合わせはコチラから

コミュニケーションツールを用意する

インバウンド集客をアップさせる取り組みで最も重要なのが、コミュニケーションツールを用意することです。

外国人の悩みの1つである「日本語が分からない」に対応するには、外国語表記に切り替えることが一番手っ取り早いでしょう。

外国語を話して直接会話をすることがコミュニケーションで最も親密になれるのですが、すぐに会話ができるまで外国語レベルを上げるのは非現実的です。

しかし、看板やメニュー、サービスの説明など事前に外国語バージョンのものを作っておけば、それを見せるだけでコミュニケーションが成立します。

ツールを用意するのに時間と手間がかかるかもしれませんが、一度作ってしまえば、その後はサービス提供時に困ることが減るので、外国語表記に切り替えない手はないです。

外国語表記されたツールが用意されていれば、外国人利用者も安心してサービスを利用できます。

利用者がリピーターになってくれたり、口コミで良い評判を広めてくれたりするので、将来的に集客アップが見込めるでしょう。

Wi-Fi環境を整える

Wi-Fi環境を整えるのは、インバウンド対策で常識になりつつあります。

スマホが使える場所を求めて行動することがあるので、WI-Fi環境下にあるだけでも集客は見込めるでしょう。

また、集客アップだけでなく、他にもメリットがあります。

スマホが使えるようになるということは、それだけ外国人の滞在時間を延ばすことにつながると言えるでしょう。

つまり、追加のサービスを注文したり、ついでにショッピングを楽しんでもらったりできるのです。

集客と単価の両方をアップさせる可能性があるので、ぜひWi-Fiを設置しましょう。

キャッシュレス化を図る

キャッシュレス対応を図ることも重要です。

特にクレジットカードが利用できるようにしておくことは、インバウンド対策ではマストと言えます。

他にも中国人や韓国人を対象にするのであれば、Alipay(アリペイ)やWeChatペイなどのQRコード決済に対応しておくこともポイントです。

訪日外国人の多くを、中国などのアジア圏が占めています。

そのため、クレジットカード決済とスマホ決済の両方を導入してみてはいかがでしょうか。

インターネットプロモーションを行う

外国人向けにインターネットプロモーションを行うこともおすすめです。

たとえば、SNSや口コミサイト、リスティング広告など、オンライン上の対策をすると良いでしょう。

日本に訪れる前からインターネットで情報を収集するので、オンラインで宣伝しておくと旅行スケジュールに組み込んでもらいやすくなります。

広告を出すことで、多くの外国人に認知してもらうことが集客アップに重要です。

サンプリングを行う

サンプリングを行うことで、外国人の足を止めることができます。

外国語表記も必要ですが、集客をアップさせるには積極的に宣伝をすることが重要です。

サンプリングは直接外国人に宣伝をすることができるので、集客アップに即効性があります。

SNSや口コミサイトなどで広告を出すことも重要ですが、情報収集能力の低い年配などの外国人にアピールするならサンプリングが効果的でしょう。

こちらの記事では外国人に宣伝を行うための方法をまとめています。実際にインバウンド集客を行いたい方は参考にしてみてください。

外国人集客を成功させる宣伝手段とは?

■参考:飲食店に求められるインバウンド対策とは? プロモーション方法を含め徹底解説

失敗しないコツはターゲットを絞る

インバウンド対策で失敗しないコツは、どの外国人を狙うのかターゲットを絞ることです。

外国人といっても、国籍によって食文化や好みが異なります。

そのため、全ての外国人に対応することは不可能です。

外国語表記をするにしても、全ての言語に対応することは非現実的でしょう。

そのため、ターゲットにする外国人を絞って、趣向に沿って戦略を立てることが重要です。

たとえば、中国人をターゲットにする場合は、ボリュームを増やしてお得感を演出したり、おすそ分けできるようにお土産品を個包装で包んだりすると効果的です。

インバウンド対策の失敗の原因は、対策をしているようで対策になっていないことなので、しっかりターゲットを絞って具体的に戦略を立てましょう。

■参考:飲食店におけるインバウンド集客成功の秘訣!成功のカギは徹底した「売れ入れ体制」

まとめ

インバウンド対策をするには、まず外国人がどのようなことで困ることが多いのかを考えてみましょう。

そうすることで、改善策が浮かんでくるはずです。

もし、インバウンド需要に合わせて対策をするのであれば、今回紹介した5つのポイントと失敗しないコツを参考にしてみてください。

具体的に戦略を立てて、インバウンド集客をアップさせましょう。

インバウンド集客を行いたいがやり方がわからない、社内に外国語が分かる社員がいないからインバウンド集客は無理だ、と感じている企業様はぜひ弊社にお気軽にご相談ください。企業様に合ったインバウンド集客の方法をご提案いたします。お問い合わせはコチラから

海外向けのマーケティングでお悩みはありませんか?

Globalizeを運営する株式会社LIFE PEPPERでは、細かい施策や改善だけでなく、戦略設計から実行を含めた「ビジネスの成果」に繋がる海外向けのマーケティングをご提案します。

海外向けのマーケティングでお困りの方はこちら