世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

japan guideはどんなサイト?ユーザーから評価されている4つのポイント

japan guideは多くの外国人観光客が日本の情報を得るためにアクセスするWebサイトです。

サイト名から分かるように、日本に特化した情報を得ることができます。

実はこのサイトにアクセスするだけで47都道府県の情報を網羅することができるんですよ!

今回は、japan guideが得られる情報や外国人から支持される理由について紹介します。

外国人ユーザーの視点で情報が掲載されているので、この記事を読んでインバウンド対策に役立てましょう!

japan guideとは

japan guideは月間ユニークユーザー数が180万人以上で、月間PV数が800~1000万という大規模の訪日観光客向けのポータルサイトです。

スイス出身のステファン・シャウエッカーによって1996年に設立され、20年以上も外国人に対して日本の有益な情報を提供してきました。

japan guideは英語版で運営されてきていましたが、2008年から繁体字版のサイトも運営されています。

繁体字版は正体字とも言われており、簡略化されていない筆画が多い中国語です。

香港やマカオで主に使用されており、中華圏外の華人コミュニティーでもしばしば見られます。

繁体字版が開設されたということは、それだけ中華圏の訪日外国人が多いということなのでしょう。

2つの言語版で運営されているjapan guideですが、コンテンツ数は何と2000を越えており、47都道府県を網羅しています。

そのため、japan guideで得られる情報は豊富で、東京や大阪、京都などの訪日外国人が多く訪れるスポットだけでなく、東北や四国、九州地方のマイナーな地域の情報もしっかり集めることが可能です。

英語版のサイトに会員登録しているユーザー数が98万人以上を達し、サイトを閲覧している人の90%以上が訪日しているか、訪日を計画している人でした。

つまり、japan guideのユーザーは、訪日外国人に大きな影響力を持っていると言えるでしょう。

■参考資料

Japan Guide Advertising Solutions

【h2】掲載されている情報

japan guideでは、宿泊施設やツアーパッケージの紹介だけでなく、交通手段やエチケットについて紹介されています。

また、出発前に日本について知っておくべきことについても記載されています。

一般的な情報メディアは、観光スポットを焦点に当てていますが、japan guideは外国人が観光する際の注意点を中心に情報がまとめられているのです。

日本はマナーに重きを置く国なので、外国人からすると想像も付かないようなルールが設けられていることが多い傾向があります。

知らずに観光エリアを訪れるよりは、ルールを押さえておいた方がより楽しむことができるでしょう。

したがって、 japan guideでは、外国人が心の底から日本旅行を満喫できるような情報が掲載されています。

外国人ユーザーから好まれる4つの理由

japan guideが外国人ユーザーから好まれる理由について紹介します。

今回紹介する理由は以下の4つです。

  1. Google検索で常に上位表示
  2. 記事の信頼性が高い
  3. 常に情報が新鮮
  4. カテゴリーで情報を検索できる

順に説明するので、外国人から評価されるコンテンツ作りの参考にしましょう。

Google検索で常に上位表示

外国人ユーザーから人気の主な理由の1つは、Google検索で常にコンテンツが上位表示されるからです。

検索結果が上位で表示されるということは、それだけ簡単に情報を得られるということになります。

訪日前であれば時間に余裕があるのでじっくり検索をかけられますが、すでに訪日している状況で情報を検索するということは、すぐに情報を得たい場合が多いです。

日本の主要な観光地名をオーガニック検索すると、japan guideのコンテンツがほとんど上位表示されるので、自然と外国人ユーザーの利用率は高くなります。

旅行において、いかにスムーズに情報を得られるかは充実度に影響してくるので、Google検索で上位にコンテンツが表示されることは、大きな強みと言って良いでしょう。

記事の信頼性が高い

japan guideに掲載している情報は、訪日外国人にとって非常に信頼性の高い情報と言えるでしょう。

その理由は、japan guideは日本人がコンテンツを作成しているのではなく、専属の外国人が記事や動画を作成しているからです。

日本人が発信する情報は、日本の良さをアピールすることを重視しがちで、日本人目線の主観的な情報発信になってしまう可能性が高いでしょう。

そのため、その情報を見た外国人は、納得できなくても与えられた情報の中で選択するしかありません。

しかし、外国人が日本の情報を発信することで、外国人の視点に立った情報を掲載することができます。

外国人スタッフはユーザーにとって何が有益な情報なのかを熟知しているからこそ、より日本の良さをアピールすることができ、信頼性の高い情報に昇華させることができるのです。

japan guideというメディアは、専属の外国人スタッフが中立的に情報を発信しているため、多くの外国人ユーザーから信頼を集めているのではないでしょうか。

常に情報が新鮮

常に最新の情報が公開されている点も、多くの外国人ユーザーから評価を集めている理由です。

専属の外国人ライターが現地を訪問して執筆しているので、情報が最新で信頼性が高い特徴があります。

コンテンツ内では現地を訪れた外国人スタッフが見たまま感じたままを表現しているので、訪日外国人も同じような感性を抱く可能性があるでしょう。

また、定期的に最新の情報に更新されています。

観光スポットでは四季に合わせてイベントを実施したり、施設が増設されていたりするので、一年中同じ情報を発信することはほとんどありません。

そのため、それぞれの観光スポットで最新情報が発信されるたびに、japan guideの情報も最新になっています。

発信されている情報が古ければ、観光地を訪れていてもイベントなどが実施されておらず、残念な思いをすることが多々あります。

japan guideの情報を参考に観光地に訪れると失敗することが少ないので、これから訪日する予定の外国人にとって、スケジュールを立てやすくなるのではないでしょうか。

カテゴリーで情報を検索できる

japan guideではカテゴリーごとに情報が検索できるようになっているので、自分が欲する情報を閲覧することができます。

たとえば、行き先や趣味、動画などのカテゴリーで検索することが可能です。

特に行き先は旅行において重要なカテゴリーで、行きたいエリアでどのような観光地があるのか、何の食べ物が人気なのかといった情報を集めるのに役立ちます。

また、趣味から情報を集めることができるのも、japan guideのユニークなポイントです。

日本が誇る観光スポットに訪れるのも良いですが、自分の興味のある分野に接することができた方が楽しさは増すものです。

神社や城といった建造物や飲食だけでなく、マンガやアニメなどのサブカルチャーに関わりが深いエリアも検索することができます。

カテゴリー検索ができる点は、ユーザーにとって使いやすいポイントと言えるので、japan guideを利用して、少しでも多くの日本文化に触れてもらえたら良いですね。

まとめ

japan guideは日本に特化した情報を掲載しているサイトで、英語版と繁体字版が運営されています。

宿泊施設や観光ポイントだけでなく、日本で守らなければならないルールなど前もって知っておくべきことについても掲載しているのが特徴です。

Google検索で上位表示されたり、専属外国人スタッフが情報を定期的に更新したりと、外国人ユーザーにとって嬉しいポイントがさまざまなので、利用者の満足度が非常に高くなっています。

今後インバウンド対策で外国人向けの情報発信を検討しているのであれば、japan guideを参考にして、掲載すべきポイントを押さえて情報を発信していきましょう。

海外向けのマーケティングでお悩みはありませんか?

Globalizeを運営する株式会社LIFE PEPPERでは、細かい施策や改善だけでなく、戦略設計から実行を含めた「ビジネスの成果」に繋がる海外向けのマーケティングをご提案します。

海外向けのマーケティングでお困りの方はこちら