世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

LinkedInとは 4億人が使うビジネス特化型sns

欧米のビジネスパーソンの間では、当たり前のように利用されているLinkedInというSNSをご存知でしょうか?

日本ではまだまだ知名度の低いLinkedInですが、ダイレクトリクルーティングのツールとして、企業から直接オファーを受け取ったり、優秀な人材に直接アプロートできたりする、画期的なプラットフォームです。

日本ではまだあまり使われていないLinkedInですが、使いこなすことで周りと差をつけることができます。本記事ではLinkedInについてや、登録方法について解説します。

LinkedInとは

LinkedInとはビジネスに特化したSNSです。日本でよく使用されているFacebookのビジネス版と捉えるとわかりやすいでしょう。LinkedIn自体、そもそも2003年にアメリカでスタートし、「世界のプロフェッショナルの仕事とキャリアを支援する」がミッションです。

欧米ではかなりポピュラーなツールで、利用人数も非常に多く、転職や採用活動に利用されています。日本では2011年からサービスがスタートしました。先にも述べたように日本での利用者はまだまだ少なく、世界のユーザー数と比べても、それほど浸透していません。世界ではすでに4億人がLinkedInを利用しています。

使い方はとても簡単で、日本語にももちろん対応していますし、登録も簡単に行えます。

LinkedInでは、個人としては自身のプロフィールを充実させることで、履歴書替わりに使えたり、ビジネスの横のつながりを増やせたり、タイムラインから仕事に役立つ情報を収集できたりします。

企業が使う場合は、優秀な人材や採用したい人材に直接アプローチをかけることができます。また自社ページを充実させることにより、ブランディング活動につながったり、世界中の人材に、自社の情報を定期的に発信していったりすることができます。

このようなメリットがあるため、海外の企業や人材は当たり前に使用しているのです。

LinkedInの登録方法

LinkedInの登録方法の登録方法を紹介します。

まずは会員登録を行いましょう。はじめにメンバー登録が必要です。

次に国や郵便番号を登録します。

任意で職種や会社名を登録します。この辺りは埋めておいたほうが、横のつながりや自己PRにつながりやすいでしょう。

登録したメールアドレスに確認コードが届きますので、確認して入力してください。

これで、個人情報の登録は完了です。自分に関係のある横のつながりを探すことができます。

以上の操作および登録が完了すると、交流できる人たちの画面になります。ぜひ自分からアプローチして交流を深めてみてください。

LinkedInを使うメリット

LinkedInを使うことで3つのメリットがあります。メリットは次のとおりです。

  • 企業から直接コンタクトが来る
  • リクルーターからコンタクトが来る
  • 参加したイベントで知り合った人や前職の同僚など、プロフェッショナルのつながりが作れる

それぞれ解説します。

LinkedInの大きなメリットは何といっても「企業から直接コンタクトが来る」ということ。ビジネスに特化したSNSなので、企業と人材の綱渡しが一番の強みと言えます。自身のプロフィールをしっかりと埋め、ある程度業界や職種の経験がある人は企業側から直接コンタクトがあります。

なぜなら企業も優秀な人材を見つけるために、LinkedInを利用しているからです。あるプログラマーはAmazonからLinkedIn経由で直接オファーがあったこともあるそうです。

採用情報を一般公開する前に、LinkedIn経由で優秀な人材にオフォーをすることも多いようです。自分で探すにはなかなか見つけにくい案件や、自分を必要としてくれる企業との出会いに最適です。

また、企業と同様に「リクルーターからコンタクトが来る」こともメリットです。リクルーターは企業から委託される形で人材を探しているため、LinkedIn経由でコンタクトが来ることもあります。

その他、LinkedInは基本的にSNSのような横のつながりを作ることもできます。例えば仕事の交流会やイベントで知り合った人とつながったり、前職の同僚など、仕事関係のプロフェッショナルな関係づくりが可能です。

LinkedInで何ができるのか?

ではLinkedInの機能を使ってなにができるのでしょうか。こちらでは活用できる機能について説明します。

「つながり」機能

先にも述べたとおり、LinkedInはビジネス版SNSのようなもの。Facebookのような「つながり」機能がありますので、同じ業界で働いている人や新規顧客、ビジネスパートナーなどを探すことができます。

また、つながる人の属性を絞り込むために、会社ページや大学での検索ができます。

InMail

自分とつながりのないLInkedInメンバーに連絡する手段として使える機能が「InMail」です。ただし、この機能はベーシック(無料)アカウントでは使用できません。プレミアムアカウント(有料)登録が必要になります。

ちなみに、プレミアムプランにはいくつかの種類があります。プランは次のとおりです。

  • プロフェッショナルプラン
  • 就活プラン
  • 採用プラン
  • 営業プラン

コンタクト

LInkedInでは、自分のネットワーク内にいるメンバーのことを「コンタクト」と呼びます。コンタクトの中にいくつか種類がありますので、それぞれ紹介します。

  • 1次コンタクト

1次コンタクトは、LInkedIn内で直接つながりのあるユーザーと、LInkedInメッセージを使って直接連絡ができます。

  • 2次コンタクト

1次コンタクトとつながりのあるユーザーと連絡を取ることです。2次コンタクトを取るためには「つながりリクエスト」を送信、もしくは「InMail」「紹介リクエスト」で連絡できます。

  • 3次コンタクト

2次コンタクトとつながりのあるユーザーと連絡を取ることです。LinkedIn内に名前とイニシャルのみが表示されている場合は「InMail」を使ってコンタクトできます。逆に検索結果でフルネームが表示されている場合は「つながりリクエスト」を送信できます。

  • グループメンバー

自分が参加しているグループのメンバーのことです。グループ内のユーザー同士はグループディスカッション、またはLinkedInメッセージでやりとりできます。

  • ネットワーク外

上記で紹介したカテゴリー以外のすべてのLinkedInユーザーのことです。連絡を取る方法は「InMail」を使用する必要があります。

つまり、LinkedInは3次コンタクト以上でない場合は、メッセージを送ることができないということです。

SlideShare

SlideShareとは、LInkedIn内にある個人や企業の情報共有ページです。

検索窓に関連するキーワードを入力することで、関連のある企業や個人の情報がスライドで表示されます。

ちなみにSlideShareの場所は、トップページの「その他」内のカテゴリから選択できます。

企業ページ

LinkedInでは自社の企業ページを作成し、ブランディングができます。要は個人としても企業とつながるために利用できるし、企業として人材とつながることもできるということです。

作成方法はトップページのその他から「会社ページ」の作成をクリックし、会社名とパーマリンクを入力し、今すぐスタートをクリックすれば完了です。

まとめ

LInkedInについて解説してきました。日本ではまだ利用者は少ないですが、欧米をはじめ世界中で多くの人が利用しています。

企業と人をつなぐプラットフォームとして、色々と活用できる機能も豊富で、企業以外にも横のつながりを作ることも可能です。たくさんの企業や人とつながりを増やして、関わりを増やし、ビジネスを豊かにしたい人はぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ