世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

登録者4,430万人!タイの決済システムPrompt Pay(プロンプトペイ)とは

現在は、タイでしか利用できない決済システムのPrompt Pay(プロンプトペイ)ですが、日本やシンガポールを対象に越境決済の準備を始めているため、大きな注目を集めています。訪日タイ人観光客対策として決済システムの導入は必要不可欠になるかもしれません。そのため、訪日タイ人観光客向けのインバウンド事業を展開する上でも、Prompt Payについての知識を身に付けておきましょう。

Prompt Pay(プロンプトペイ)とは

Prompt Payは、銀行口座番号と紐づけられた携帯電話番号や身分証明書を使用したモバイル決済システムのことをいいます。各銀行が提供するモバイルアプリ内でPrompt Payは使用できるため、他銀行向けの送金もできることで注目を集めている決済システムです。

タイは経済発展に伴い、銀行口座の保有者が急速に増えていき、現在は81%の人が銀行口座を保有しています。しかし、クレジットカードの保有率は10%にも満たない状況でした。

しかし、Prompt Payが導入されて以降、登録者は4,430万人をのぼり、累計取引数は5,250万件、取引額は2兆6,000憶バーツと利用率が伸びている新しい国内決済システムなのです。

Prompt Pay対応店舗は拡大中

タイ国内では、急速に電子決済システムが普及し始めています。ショッピングセンターやコンビニはもちろん、タクシーや屋台などでもQRコード決済に対応するようになりました。特にタクシーの場合は、運転手がお釣りの小銭を用意していない場合も多いため、現金支払いのお客様を嫌がる傾向になってきています。

日本でも超境決済として利用可能に

タイのアユタヤ銀行は、三菱フィナンシャル・グループ(MUFG)の傘下の銀行です。MUFG傘下のアユタヤ銀行は、2018年12月に日本でPrompt Payを利用した越境決済を開始することを発表しました。今回のQRコード決済の対象は、アユタヤ銀行の銀行口座保有者のみが対象者となりますが、大手商業施設や人気で買い物をする際に、QRコード決済で買い物ができるようになります。そのため、訪日タイ人観光客対策として、QRコード決済システムの導入は不可欠となるかもしれません。

Prompt Payのメリット

タイに登場をしたPrompt Payを導入するメリットは次のようなものが挙げられます。

1.キャッシュレスに対応できる

Prompt Payの決済システムを活用すれば、買い物時に現金が不要になります。小銭を持つ必要もないため、お財布が嵩張らないこともメリットの1つです。もちろん、小銭を受け取ることもありません。

2.電話番号による送金ができる

Prompt Payは、銀行口座番号と紐づけられた携帯電話番号や身分証明書を使用したモバイス決済システムのことをいいます。銀行はさまざまな種類がありますし、口座番号も覚えにくいです。しかし、銀行口座番号に紐づけられた携帯電話番号さえ分かれば、その番号宛で送金することができるのです。そのため、これまで煩わしかった振込手続きが簡略化できるというメリットがあります。

3.安い手数料で送金ができる

タイの国家電子決済委員会では、Prompt Payの手数料の免除範囲を段階的に拡大していく方針を発表しました。免除範囲は現在の5,000パーツ(約1万7,000円)以下から、2018年10月には70万パーツ(約250万円)以下に、将来的には200万パーツ(725万円)以下に拡大するとのことです。

そのため、Prompt Payを利用すれば、ほぼ無料で送金ができるようになります。このような手数料の安さが魅力となっており、タイの電子決済システムの普及を後押ししています。

4.支払手続きが簡略化できる

タイ国内では、水道光熱費などの支払もPrompt Payでできるようになる予定です。また、IDを登録しておけば税金の還付金等もすぐに受け取ることができます。クレジットカード保有者が10%にも満たないタイで、このような決済手段が登場し支払手続きが簡略かできるということは大きなメリットです。

Prompt Payの使い方

これまでPrompt Payの特徴をご紹介して、どのように使用するのか興味が湧いた人もいるでしょう。ここでは、Prompt Payの使い方をご紹介します。

1.登録方法

1.      アプリを軌道して、暗証番号・指紋認証・顔認証のどれかでログインします。ログイン後に「Banking Services」を選択します。

2.      「Register PromptPay」を選択します。

3.      「Next」を選択します。

4.      自分が使用している携帯電話番号が「XXX-XXXX-XXXX」のように表示されるので、合っていたら、その番号を選択します。

5.      携帯番号と口座番号が表示された確認画面に移動します。

6.      Pay Alertの通知をオンに切り替えて、Prompt Payを利用した際の通知を受け取るように選択します。

7.      「Link」を押すとSMSが送られてくるので、それを入力して登録完了です。

2.支払方法

1.「Banking Services」を選択します。

2.「Scan Bill / QR payment」を選択します。

3.カメラが軌道するので店舗に設置されているQRコードを読み込みます。

4.確認画面を確認したら「Confirm」を選択します。

5.支払いが完了すると記録票が表示されます。

3.送金方法

1.「Pay family and friends」を選択します。

2.「Prompt Pay」を選択します。

3.画面上部に預金残高が表示されます。PromptPay ID のところに送金相手の電話番号、Amount のところに送金額を入力して「Review」を選択します。

4.確認画面に移動したら、送金の完了です。

Prompt Payを使用する際の注意点

銀行口座番号と携帯電話番号が紐づけられているため、スマホを盗まれてしまうと利用されてしまう危険性があります。そのため、スマホの管理を徹底しなければいけません。紛失をしたり個人情報が盗まれてしまったりすると一大事のため、スマホへの依存度がますます高くなることが懸念されるでしょう。

まとめ

この記事では、タイで普及しているPrompt Payの決済システムをご紹介しました。タイの各銀行が提供するアプリ内で使用できる決済システムのため、利用者は4,430万人を突破。取引総額は2憶6,000バーツを超えました。

日本の電子決済と比較すると手数料がほぼ無料というメリットはありますが、使用方法に関しては、他の電子決済とほとんど大差がないでしょう。しかし、このPrompt Payは、日本やシンガポールを対象に越境決済の準備を始めているため、大きな注目を集めています。

訪日タイ人観光客対策として決済システムの導入は必要不可欠になるかもしれません。そのため、インバウンド事業を考えている方はPrompt Payに関する知識を押さえておきましょう。

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ