世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

海外SEO対策 成功するために必要な5つのこと

外国人をターゲットに、検索エンジンで自社のWebサイトやブログを上位表示させて集客につなげるための施策を海外SEO対策と言います。海外へのビジネス展開を考えている企業や個人にとって、海外SEO対策は有効な施策の1つになり得るでしょう。

海外SEO対策は日本のSEO対策とは多少異なりますが、日本と同様にポイントさえ抑えることができれば確実に成果を出すことができます。
この記事では、海外SEO対策を成功するために必要な5つのポイントや、具体的な対策の手順などを詳しく解説します。 

海外SEO対策のメリット

そもそも海外SEO対策を行うメリットは具体的にどういったものになるのでしょうか?

基本的なところは日本のSEO対策も海外のSEO対策も大きく変わりませんが、主に以下の2点が海外SEO対策の特徴としてあります。

日本と同様にウェブからの集客が期待できる

海外SEO対策についても、日本と同様にウェブからの集客が期待できます。特定のキーワードで上位表示することができれば、継続的な検索ユーザーの確保ができるからです。

日本と同様に検索媒体のアルゴリズム変更によって順位が大きく変動する場合もありますが、それさえなければ1度上位表示できたものに関してはその順位はある程度維持することができます。固定費をかなり抑えたマーケティング施策が可能なので、外国人をターゲットに集客を行う際の極めて有効な手段の1つとなります。

日本にいながらSEO対策が行える

もう1つ海外SEO対策のメリットとして、日本にいながらもSEO対策が行える点があげられます。ビジネスにおいては一般的に、海外への展開を図る際はどうしても現地の代理店とのコミュニケーションが必要な場合が多いです。

しかし、海外SEO対策に関しては、コンテンツさえ用意し施策の実行ができればそれだけで効果を上げられる場合があります。高い費用対効果が見込めるため、海外向けのビジネスを行っている場合にはぜひとも取り組みたい施策と言えるでしょう。

海外SEO対策をする際に気をつけたい5ヶ条

海外SEO対策を行う際には、気をつけたいポイントが5つあります。それぞれ見ていきましょう。

多言語サイトはURLを分ける

サイトやブログを多言語で表示する場合、言語ごとにURLを分ける必要があります。もし、URLを分けずに同じドメイン内で多言語での表記を行った場合は、検索エンジンにおける評価が下がってしまう可能性が高いです。

なぜなら、複数の言語で表示されているページはユーザーにとって読みづらくなるため、利便性が悪いページだと検索エンジン側に判断され、順位を下げられてしまうからです。そのため、複数言語を使って同一のコンテンツを作成する場合には、ページのURLを言語ごとに分けて用意します。具体例としては、以下の3パターンがあげられます。

・ドメインを国ごとに変える(example.ie)
・サブドメインを国ごとに変える(de.example.com)
・サブディレクトリで分ける(example.com/de/)

機械翻訳はしない

最初に日本語で作成したページを別の言語に翻訳する際、機械翻訳(Google翻訳など)を利用することは避けるべきです。

なぜなら、機械翻訳の翻訳制度は現状まだまだ正確とは言えず、翻訳ミスをしたり直訳すぎて不自然な文章になったりすることがあるからです。その言語で読む人が気持ち良く読める文章でないと、ユーザービリティの高い優良なコンテンツであるとは言えず、結果的に検索エンジンからの評価を落とすことになるでしょう。翻訳を行う際はきちんとした翻訳ができるように、プロに依頼するべきです。

HTMLでlang属性を使用「rel=”alternate” hreflang=”X”」

海外SEO対策を行う際、HTMLではlang属性を使用しましょう。このlang属性を使用することで、HTML内の言語が何語で書かれているかを指定することができ、間違って日本語のページが表示されてしまうことを防ぐことができます。

Lang属性の設定は、headタグ内で以下のように行います。

<link rel=”alternate” hreflang=”X” href=”ページURL” />

Xは言語コードになります。例えば、ドイツ語の場合は「de」と表記します。言語ごとのコードについては、以下のリンク先から調べることができます。

参考:「ISO 639言語コード」
http://www.asahi-net.or.jp/~ax2s-kmtn/ref/iso639.html

サーバーは各国ごとに置く

使用するサーバーは、なるべく各国ごとに置きましょう。そうすることで、検索エンジンからの評価を上げることができると言われています。AWSやAzureといった世界対応のクラウドサービスを活用するのも1つの手段です。

国コードトップレベルドメイン名を使用

海外SEO対策においては、国コードトップレベルドメイン名を取得するのがおすすめです。

国コードトップレベルドメイン名とは、その国ごとのトップレベルに値するドメイン名のことで、日本の場合は「.jp」がこれに当てはまります。Googleといった検索エンジンではこの国コードトップレベルドメイン名から、そのサイトがどの国を対象としているのかを判断しています。国コードトップレベルドメインの有無により、上位表示をするか否かの判断も左右されます。

国コードトップレベルドメイン名については、以下のサイトから調べることができます。

参考:「List of Internet top-level domains」https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Internet_top-level_domains

一方、共通のドメインを使用して各国のサイトを運用する場合は、「.com」などどの国でも利用されているドメインを取得するようにしましょう。

海外SEO対策の手順

具体的な海外SEO対策の手順としては、以下の通りになります。

1キーワード選定
まずは、上位表示させたいキーワードを言語ごとに選定します。Google Keyword Plannerなどを使い、それぞれの月間平均検索ボリュームや競合性を調べることができます。

2記事骨子作成
次に、選定したキーワードで調べるユーザーに対し、彼らの疑問を解決するための記事を作成します。最初に記事のリード文や見出しを作成した骨子を用意することで、執筆時に途中から内容がブレてしまうことを防ぐことができます。

3記事執筆
作成した記事骨子を元に、記事執筆を行います。昨今のSEO対策においては、できるだけその分野に精通するライターに書いてもらうことがやはり重要です。日本語で執筆した場合は、完成した記事をプロの翻訳家に頼んで正確に翻訳してもらうようにしましょう。

4結果分析
記事を公開してしばらく経過したら、それまでのデータを確認し、結果分析を行います。Google AnalyticsとSearch Consoleを利用することで、その記事がどれほど読まれているのか、どのようなキーワードからユーザー読みに来ているかなどを調べることができます。

5リライト
結果分析を行ったら、記事をリライトしてさらなる上位表示を狙いましょう。競合する記事がまだ書いてない内容を追記したり、よりユーザーの滞在時間を延ばしたりできるように施策することが重要です。

もうお気づきだと思いますが、こうした海外SEO対策の流れは従来通り日本語で行う場合とやることはほぼ同じです。ただし、各国のユーザーがどのようなコンテンツに満足するかは文化的な違いもあるため、注視していく必要があるでしょう。

海外SEO対策における有力サイト

海外SEO対策についてより深く理解したい場合は、以下のサイトを参考にすると良いでしょう。

・「海外SEO情報ブログ」
https://www.suzukikenichi.com/blog/
・「Moz – SEOとインバウンドマーケティングの実践情報」
https://webtan.impress.co.jp/l/804
・「DigitalMarketingblog」
https://digitalidentity.co.jp/blog/seo/overseas-seo

まとめ

いかがでしたでしょうか。海外SEO対策を成功するために必要な5つのポイントや、具体的な対策の手順について解説しました。海外へのWeb事業拡大を目指す際、海外SEO対策は非常に重要なものになります。より良い効果的な施策を講じるために、上記で紹介したサイトなどを参考にして今後の動向を随時チェックしておきましょう。

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ