世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

中国SNS事情!人気中国SNSの使い方を解説

■参考
WeChat https://www.wechat.com/ja/

中国では政府が、中国政府にとって有害となる情報へ国民がアクセスできないようにするためインターネット規制をしており、利用出来ないSNSが数多くあります。具体的に規制されているSNSには何があるのでしょうか?

ただ規制されているSNSが多いとはいえ、中国語圏の人達に向けてマーケティングするにはSNSは必要不可欠なものとなっています。

そこでこの記事では、中国で規制されているSNSは何なのか、中国SNSの人気ランキングや中国マーケティングをするためのSNSの選び方について解説します!

中国では使えないSNS一覧


総人口は日本の約10倍、世界一の人口を誇る中国ですが、現在はインターネットの普及も急激に進み、多くの中国人は電子決済で買い物を済ませるなど、日本以上にインターネットが社会に浸透している様子が現地では伺えます。

その一方で、中国では当局によるネット接続への厳しい規制も忘れてはいけません。日本やその他の国で使えるサービスの多くは中国国内では使用することができず、SNSも例外ではありません。

Facebook(フェイスブック)

例えばSNSの代名詞とも言えるFacebookは、中国では使用することができません。アクセスが遮断され、それに付随するメッセンジャーも使用ができないため、毎日の連絡に使用している方は注意が必要です。

LINE(ライン)

LINEはもはや日本人の主要なコミュニケーションツールとなっていますが、こちらもFacebook同様アクセスができないため、あらかじめ代替案を用意しておく必要があります。

Twitter(ツイッター)

情報発信サービスとしてはポピュラーなTwitterも、中国では使用できません。中国むけに情報発信を行いたい場合、別のSNSの運用を考えておきましょう。

Instagram(インスタグラム)

InstagramもECマーケティングなどでは欠かせないSNSですが、こちらも中国では利用できないという点に注意が必要です。

Youtube(ユーチューブ)

動画共有サイトとしては最大手のYoutubeも、中国では利用することができません。動画共有に関しても中国向けに公開する場合、工夫が必要になります。

基本的に中国では、GoogleやYahooといったアメリカのIT企業が提供するサービスは使えません。検索エンジンはもちろん使うこともできませんし、Gmailなどのメーリングサービスも規制の対象となっています。

中国は巨大なマーケットになりうるが故に、彼らに適したインターネット環境を整えることが、中国むけのマーケティングにおいては重要になります。

それでは中国のSNSには何がある?


このような厳しい規制が敷かれている中国ですが、国内でインターネットを使ったサービスが独自に発達しているのも事実です。中国人は、どのようなSNSを利用して生活しているのでしょうか。

WeChat(ウィーチャット、微信)

中国人が最も使っているメッセンジャーアプリが、WeChatです。テンセントが提供するこのサービスは、日本人で言うLINEに近いインフラとなっており、中国人とのやり取りはこのアプリで行われることがほとんどです。

■参考
WeChat https://www.wechat.com/ja/

Weibo(ウェイボー、微博)

中国でTwitterとFacebookの代わりに使用されているのがWeiboです。国内で投稿されるコンテンツの8割がWeiboを通じて行われ、ミニブログユーザーの過半数はWeiboのユーザーという、驚異的な数字を持っています。

■参考
微博 https://www.weibo.com/login.php

Baidu(バイドゥ、百度)

GoogleやYahoo!の代わりに使われている検索エンジンがBaiduです。中国人の人口が多いこともありますが、世界の検索エンジン利用者数がGoogleに次いで2位という、驚異的なユーザー数を誇ります。

■参考
百度 https://www.baidu.com/

bilibili(ビリビリ、哔哩哔哩)

日本で言えばニコニコ動画に近い動画共有サイトですが、先日もNASDAQ上場を果たすなど影響力を拡大し続けているサービスです。

■参考
哔哩哔哩 https://www.bilibili.com/

TikTok

こちらは日本でもおなじみのモバイルアプリですが、開発元が中国国内ということもあり、日本で作成したアカウントのまま中国でも同じように利用することができます。若年層に人気があり、バズも期待できるアプリとなっているので、Instagramの代用品としての活用も期待できます。

■参考
TikTok https://www.tiktok.com/ja

中国SNS人気ランキング!


それでは中国で最も使われているSNSは、いったいどのアプリなのでしょうか。

中国で最重要のSNSはやはりWeChat

中国マーケティング情報サイトの「知っておきたい中国の人気SNSランキング!」によると、最も中国で利用されているのはWeChatである、という結果が紹介されています。

■参考
中国マーケティング情報サイト 知っておきたい中国のSNS人気ランキング! http://china-marketing.jp/article/detail95/

「週に一回以上そのアプリを起動しているかどうか」というアクティブ率の割合を調べたところ、WeChatが8割以上を占めるという驚異的な記録を残しており、中国では重要なインフラとなっていることがこのデータからも読み取れます。

兎にも角にも、何らかの事業で中国展開を図る場合、WeChatは間違いなく導入しなければならない重要なSNSであると言えるでしょう。

侮れないQQ(キュキュ)

WeChatほどではありませんが、テンセントのメッセンジャーアプリであるQQも注目しておく必要があります。WeChatに次いで4割弱の利用率を誇るQQは、主に若者に対して影響力のあるSNSです。ターゲットを若年層に絞った事業を展開する場合、QQは導入を急いでおいて損はないアプリとなるでしょう。

■参考
QQ https://im.qq.com/pcqq/

Weiboの特徴

WeChat、QQに次いで人気のあるアプリがWeiboです。こちらはメッセンジャーアプリではなくTwitterやFacebookとして利用されることの多いアプリで、6億人近いユーザー数を誇っている巨大サービスです。

■参考
中国マーケティング情報サイト WeiboとWeChatはどう違う?こうして使い分けよう!http://china-marketing.jp/article/detail17/

Weiboは個人間のコミュニケーションよりも、情報発信を積極的に行うためのツールとなっているため、Twitterのような感覚で運用を進めていくのが良いでしょう。新しい商品の告知やイベントなど、不特定多数のユーザーに情報を伝えるツールとしての運用が的確です。

WeChatの特徴

中国で最大の影響力を持つWeChatですが、企業としては顧客との連絡手段として重要な役割を担うことになるでしょう。LINEの公式アカウントを運用したことがある場合はそのイメージに近いと言えます。

すでにファンとなってくれているユーザー向けのアプリとしても使用できるので、顧客の囲い込みには欠かせません。

WeiboとWeChat、どう選べばいい?

多くの日本人がTwitterとLINEのどちらも使っているのと同様に、WeiboとWeChatも中国人であればこの2つのアプリは必ず入っているという程普及しているサービスです。

どちらを使うか、というよりもどちらも運用を進めていきつつ、自社のサービスとすり合わせながらどちらに重心を置くかを見極めると良いでしょう。すでにTwitterとLINEを導入している場合は、そちらで培ってきたノウハウが役立つはずです。

まとめ

巨大なマーケットが存在しているとはいえ、インターネットに関しては閉鎖的なイメージが先行する中国ですが、サービスの形式が違うだけで、実際の運用は日本と大きな違いはありません。

すでにネットリテラシーの高い企業であれば、既存のノウハウを生かしつつ、効率よく中国での展開を進めることが可能でしょう。

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ