世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

ただ泊まるだけじゃない!民泊予約のSTAY JAPANの特徴とは?

民泊予約サイトと言えばアメリカの最大手Airbnbが有名ですが、日本の民泊に特化した民泊予約サイトであるSTAY JAPANをご存知でしょうか?STAY JAPANは日本で初めての公認民泊事業です。日本を訪れる外国人に向け、合法の物件である民家やマンションの空き部屋などを提供しています。最大の特徴は農業体験や郷土料理なども併せて楽しめる点です。日本ならではの生活体験としての宿泊を楽しめるとしてメディアなどでも多数取り上げられています。

STAY JAPANとは

STAY JAPANとは、日本の民泊に特化した民泊予約サイトで、民泊運営事業や地域振興事業を行う百戦練磨という会社が運営しています。「知らない日本に泊まってみよう」をコンセプトに日本ならではの生活体験ができる民泊施設を掲載しており、民家やアパート、マンション、古民家などその形態は様々。

ビジネスで利用したい場合は家主不在のマンションを予約し、日本ならではの食や文化を実際に体験したい場合は家主のいる一軒家にホームステイするなど、1,000件以上ある民泊物件の中から選ぶことができます。

STAY JAPANの民泊物件は全て自治体の許可を得た公認民泊となっており安心して宿泊できる点もポイントとなっています。また東京、大阪、京都などの大都市だけでなく仙台や徳島にも事務所を持ち、地方へのツアーも多く企画しています。このようにして、大都市だけでなく地方への観光客の取り組みも積極的に行っているのです。

STAY JAPANの民泊事業は、過疎化が進む地域での地域性を活かした体験民宿
よる地方創生、そして都市部では旅行需要の増加による慢性的な宿不足の解決策として期待されています。

■参考
STAY JAPAN

STAY JAPANの特徴

STAY JAPANの特徴はなんといっても「体験型」の宿を多く掲載していること。民泊だからこそ、大きなホテルや宿が参入しづらい田舎地域にも宿泊することができ、その地域特有の体験もすることができます。STAY JAPANの宿は全国の農山漁村地に広がっており、その宿泊形態もバラエティ溢れるものとなっています。例えば農泊、里山泊、寺泊、廃校泊、別荘泊、ホームステイ泊などです。またその宿泊形態によって体験できるアクティビティも様々で、農業、漁業、陶芸、牧場での作業、郷土料理など数多くあります。

例えば漁業体験ができる宿に泊まりたい場合、漁村民泊というカテゴリーから宿を選ぶことができます。滞在中は早朝に起床し、漁師であるホストの漁に一緒に参加することができるのです。その他、魚やタコのさばき方を宿にて教えてもらったりと、ホストとの交流を楽しむことができるプランがあるのも魅力的です。

このように、民泊だからこそ1つ1つの物件に細かいこだわりや特徴、オプションがありユニークな宿が多く掲載されているのです。自分の宿泊したい地域で調べるのはもちろん、体験したいこと(目的)で調べることが容易なのもSTAY JAPANの大きな特徴といえますね。また、日本についてもっと深く知りたい、実際に地域に入っていき体験したいという訪日旅行客にとっても非常に魅力的なサイトであるといえます。STAY JAPANに掲載されている宿は比較的リーズナブルな料金体系のものが多く、宿泊するだけでなく現地の人と交流したり、日本のリアルな家での生活を体験することができるのでとてもお得感があるのではないでしょうか。

STAY JAPANの安全性

全国あちこちに宿をもつSTAY JAPAN。気になるのはやはり利用する上での安全性ではないでしょうか。「ホテルや旅館に比べて民泊はなんとなく不安…」という方も多いでしょう。しかしながら、STAY JAPANには安心して利用できるいくつかのポイントがあります。

①合法に特化した民泊予約サイト

STAY JAPANは無許可経営が増えている民泊事業において、日本で初めて合法であることに特化した民泊予約サイトです。国や自治体の認可を受けた公認の宿のみ掲載しているため、トラブルに巻き込まれる確率は極めて低いといえます。

②カスタマーセンターのサポート

カスタマーセンターが365日24時間対応しているため、何かあった場合はいつでも連絡しサポートを受けることができます。電話、メールともに英語・日本語の2か国語で受付をしています。英語対応があるため訪日外国人も安心して利用することができます。

③各種保険に加入

STAY JAPANは何かあった時に備え、ゲスト向け・ホスト向けと各種保険に加入しています。ゲスト向けの保険は滞在中の偶発的な損害に対する保証となっており、最大3000万円が保証されます。ホスト向けには、宿泊期間中の施設欠陥に起因する事故損害への保証があり、1つの事故に対して最大1億円が保証されます。このような万全の体制があるため、非常時にも安心して頼ることができるといえるでしょう。

■参考 
訪日ラボ 合法な施設のみを提供する民泊仲介プラットフォーム「STAY JAPAN」

STAY JAPANホスト向けサービス

ホストとして物件を掲載し民泊業を始めたい場合、STAY JAPANにはどのようなホスト向けサービスがあるのでしょうか?実はとても頼りになるサービスがたくさんありますので、以下で紹介します。

・民泊運営中における良きせぬ事故や万が一のトラブルに備えすべての予約を対象にホスト/ゲスト双方向けの保険に加入。安心安全な民泊運営をサポートしてくれます。

・ホスト登録料は0円。またスマホ・PCからでも10分程度の簡単な操作でお部屋の登録が可能です。予約に関しても、予約が入った際自動で承認する場合ホスト手数料は0円。予約の詳細を確認してから承認するリクエストの場合、手数料は3%かかりますが業界最安値となっています。

・あまり民泊運営について詳しくない、または面倒な業務はできるだけやりなくないというホストのために運営代行サービスを行っています。アカウントの管理や旅行者からの問い合わせ対応などはもちろん、当日の鍵の受け渡しやホスティング周りの運用を引き受け可能です。STAY JAPANは今後、物件の申請から滞在後の清掃まで行う完全な民泊代行サポートプランも検討中とのこと。さらなるホストの負担軽減に期待ができますね!

・民泊運営について相談したい、もっと集客したいとお困りのホストには「集客専任コンシェルジュ」を提供しています。専任コンシェルジュが予約サイトの運営、多言語での対応やコスト削減の仕組みづくりなどといったサポートを行います。集客や運営業務に精通した専任スタッフが二人三脚でサポートしてくれるため、非常に心強いサービスです。

・インターネット上での販売において、宿の売れ行きを左右するのは写真といっても過言ではないでしょう。数多くある物件の中から目に留まる写真を掲載することで集客アップにつながります。STAY JAPANでは専門スタッフによる写真の撮影、編集に加工と旅行者視点で魅力的な写真を作りあげる写真撮影&加工サービスを提供しています。

■参考
STAY JAPAN ホストの方へ

まとめ

インバウンドの数が増加している今、「大都市だけでなくもっと日本を感じられる場所に行きたい!」、「日本の田舎ならではの体験をしたい!」という訪日旅行者は今後ますます増えていくはずです。また、「郊外でいつもは体験できない生活をしてみたい!」、「もっと日本の田舎について知りたい!」といった日本人ゲストも多くいるでしょう。民泊業が気になってはいたが一歩踏み出せずにいた、活用できる施設がありぜひ挑戦してみたいという方はぜひSTAY JAPANを活用してみてください。

海外向けのマーケティングでお悩みはありませんか?

Globalizeを運営する株式会社LIFE PEPPERでは、細かい施策や改善だけでなく、戦略設計から実行を含めた「ビジネスの成果」に繋がる海外向けのマーケティングをご提案します。

海外向けのマーケティングでお困りの方はこちら