世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

【最新版】tiktokで企業が出せる3つの広告

tiktokといえば、一部の中高生に人気のアプリというイメージはありませんか? 実はtiktokは世界150カ国で配信され、ユーザー数は5億人を超えたと言われています。そのため、最近では一般的にも浸透してきているアプリと言えるでしょう。

さらに、2018年からは広告媒体としても注目されています。大手企業も参入しており、最早「tiktokといえば、中高生向けアプリ」というイメージは古くなってきています。これからは、広告媒体としてtiktokを捉えてみてはいかがでしょうか。

この記事ではtiktokではどんな広告を出稿できるのか、どのようなクリエイティブが効果的なのか、について解説しています。

tiktokとは

tiktokとは15秒という短い時間で動画を投稿する動画投稿アプリです。動画と言えばyoutubeですが、youtubeのショートムービー版がtiktokと捉えてよいでしょう。youtubeに比べて15秒という短い時間なので、編集が簡単なことが特徴です。そのため、誰でも多彩な動画加工やフィルターを使って気軽に動画を作成・編集して投稿できるという気軽さも人気の理由です。

内容は、J-POPや洋楽などに合わせて踊ったり、振り付けをしたりという内容が多く、そもそもオリジナルの音楽を作成して踊るというよりも、もともと存在するネタを加工して投稿して楽しむという内容が多くなっています。

手軽で簡単に動画を作成できるので、女子高生が授業の休み時間などのスキマ時間を利用して作成した動画などが人気を呼び、瞬く間に広がり人気となりました。

tiktokについてさらに知りたい方はこちら
【保存版】抖音(中国版TikTok)|ビジネス活用方法 

tiktokのユーザー層

tiktokのユーザーは年々増え続けており、前述したとおり世界中でユーザーは5億人を超えたといわれています。150カ国で利用され、アメリカの調査会社Sennsor TowerによるとApp Storeのダウンロード数は数あるアプリの中でNo.1です。

ユーザーによるtiktokの1日の平均視聴時間は約41分で、1本15秒という短いショートムービーのアプリの投稿動画に関わらず、多くの時間視聴されていることがわかります。

tiktokの国内ユーザーは約7割が女性、約3割が男性です。ユーザーの過半数は24歳以下と、比較的若い層が使用しています。tiktokといえば、中高生に人気のイメージが強いですが、24〜44歳のユーザーも全体の4割近くを占めており、幅広い層に受け入れられています。

当初は女性のユーザーが中心でしたが、最近は男性ユーザーも増加中です。ちなみに世界では、男性のユーザーの割合の方が高く、年齢層も全体的に高くなっいます。

tiktokの広告の種類

tiktokは広告を出稿することが可能です。広告の種類は主に「起動画面広告」「ハッシュタグチャレンジ広告」「インフィード広告」の3つです。それぞれ特徴を解説します。

起動画面広告

起動画面広告とは、tiktokアプリを起動した際、最初の画面に表示される広告のことです。起動してすぐ表示されるので、多くユーザーの目に触れることになるため、非常に訴求率が高いことが特徴で、かつ拡散率も高いことがメリット。ただし、1日に起動画面広告を出稿するのは1枠という決まりがあり、広告費も非常に高額というデメリットもあります。

広告は、画像もしくはGIF形式による画像・アニメーションで掲載できます。画像の場合の表示時間は3秒、GIF形式のデータを載せる場合は3秒〜5秒表示させられます。また、大きな特徴として画像にリンクを貼ることができ、アプリ内のページや自社のホームページ、ランディングページなどの外部ページに誘導できます。

ハッシュタグチャレンジ広告

ハッシュタグチャレンジ広告とは一言で言うと、タイアップ広告です。ハッシュタグを活用し、特定のテーマを作成して同じハッシュタグでの動画投稿を促します。自分だけが投稿するだけでなく、ユーザーも参加することで、多くのエンゲージメントを獲得することが狙いです。

エンゲージメントを多く獲得できると、それに伴いUGC(ユーザー生成コンテンツ)の拡散、促進も狙えます。ハッシュタグチャレンジ広告はアプリ内のコンテンツページに設置したり、ディスカバリーのトップにバナーを設置できます。

CMや流行語とうまく掛け合わせることで、バズればムーブメントを起こすことも可能です。

ただ、こちらもデメリットとしては広告費が非常に高額になるという点が挙げられます。

インフィード広告

アプリ起動後に画面上に表示される動画広告のことです。広告が表示される時間は通常の投稿と同じく5秒〜15秒間と長く、広告にリンクも設置できます。アプリ内サイトや外部ページなど、様々なページに誘導可能です。

インフォード広告の1番の特徴は何と言っても、通常の投稿と同じく「いいね」「コメント」「シェア」の機能が使えること。ユーザーは動画が広告とわかると反応が悪くなる傾向がありますが、この機能により通常の動画投稿と同じような反応が見込めます。

また、シェア機能ではtiktok内だけではなく、外部のSNSへのシェアも可能なため、一気に拡散が狙えます。

ユーザーの興味を引く、良質のコンテンツを作成できれば費用対効果の高い広告効果を期待できます。

インフルエンサーによるPR

人気のインフルエンサーによるPRも効果的な広告手法です。ちなみにtiktokの人気インフルエンサーのことをtiktoker(ティックトッカー)と呼びます。訴求したい年齢層やユーザー層に合わせた、tiktokerを起用することで目に留まりやすくなり、話題作りの起爆剤にもなります。

インフルエンサーによるPRは、広告費用がかかりますが、それ相応の反応も期待できます。

tiktok広告のクリエイティブについて

tiktok広告を作成する上で気をつけたことやポイントを紹介します。tiktokはスマートフォンで再生されることを前提としたアプリです。そのため動画作成の際はPC上での再生を前提とした横長のものではなく、スマートフォンでの再生を前提とした縦長の画面をうまく活用しましょう。

また、ユーザー層の年齢が高くなってきているとはいえ、tiktokを主に利用しているユーザー層は10代から20代のデジタルネイティブユーザーです。基本的にスマートフォンで動画を再生することが想定されますので、縦長で魅了的な動画を作成する必要があります。

それ以外に、動画広告はユーザーを惹きつけることが大切です。人はつまらないと感じるとすぐにページから離脱してしまいます。そのため、動画効果を活用して離脱を防いだり、惹きつけたりすることも重要です。動画以外にも漫画にして興味をひくという手法もあります。

まとめ

tiktokの動画広告について紹介してきました。tiktokは比較的新しいサービスですが、10代〜20代の若い層に人気が高く、最近では男性の利用者も増え、年齢層も広がりつつあります。

そのため、高い広告効果が期待でき、広告の方法も本記事で紹介したとおり、様々な種類があります。自身のビジネスやサービスに応じて、適切な手法の広告を効果的に行えます。

また、tiktokは世界的に人気のあるサービスです。そもそも中国発端ですので、うまく活用すると中国インバウンドにも利用できます。

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ