世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

中国のAirbnb「途家(トゥージア/TUJIA)」とは?

途家とは、中国でナンバー1の民泊予約サイトのことです。
2018年には過去最高の3100万人を超える訪日外国人が来日しました。
2020年には東京オリンピックが開催され、さらに訪日外国人が増えることが予想されています。そのため、実は今ホテルより安価な民泊が注目されているんです!
この記事を読んで中国の民泊事情について詳しくなりましょう!

途家とは?

途家は2011年に設立された、スマートフォンアプリを中心とした民泊予約サイトです。途家オンライン情報技術(北京)有限公司という会社が運営しており、登録件数は100万件を超えています。中国国内335都市に加えて、海外67か国1,037都市の物件を扱っているのです。(2018年6月時点のデータ参照)

日本の民泊物件の増加を狙うために、途家には日本向けのページも公開されており、「登録支援」、「ホスト、ゲストへのサポート(カスタマーサポート)」、「マーケティング」などの事業や中国人訪日観光客の動向などを紹介しています。

日本進出を目論む理由は、2020年にオリンピックが開催され、日本の中国人観光客の民泊市場規模が2,000億円になる見込みがあるからです。中国人民泊利用者の急増が予想されるので、そのためのサービスと言えるでしょう。

途家では日本の民泊物件の登録件数を5000に増やすため、中国版ではホスト(賃主)から手数料を12%徴収しているのですが、日本の場合は3%まで抑えています。仲介手数料を0円にするといったキャンペーンの実施も予定されているので、もし訪日中国人向けに民泊サービスを提供しても良いと思う人は登録を検討してみましょう。

■参考
MINPAKU.Biz 中国版Airbnb「途家」日本版ホームページ開設
https://min-paku.biz/news/tujia-japanese.html

途家の特徴

ここでは、途家の特徴を説明します。
途家が多くの中国人に受け入れられた理由は以下の4つです。

  1. 登録物件の自社管理
  2. 予約の簡易化
  3. 中国人の消費行動に対応
  4. ホストも安心のサポート体勢

それでは、順に紹介していきます。

1.登録物件の自社管理

途家が中国人の信頼を得た理由に、民泊物件をホストに代わって自社で管理することになったことが挙げられます。
中国人は赤の他人が管理している部屋に泊まることへ抵抗を抱く特徴があるため、Airbnbのようにただ物件を仲介するだけではユーザーに行動を促すことが難しい傾向があるのです。そのため、中国人に安心して利用してもらう目的で、webサイトに掲載した1万の物件を自社で管理することにより、利用者が抵抗無く宿泊できるようにしました。また、中国のオンライン旅行代理店のシートリップと提携してサービスの質の向上を図っています。
中国人に利用してもらうためには、中国人の心理面を理解する必要があったということですね。

2.予約の簡易化

途家は予約が簡単にできる特徴もあります。
店頭予約や電話が一般的でしたが、スマホアプリやSNS、webサイトからも気軽に予約することが可能です。アプリのダウンロード数は1億件を超えており、24時間年中無休でカスタマーサービスを利用できる点も大きな評価ポイントでしょう。

3.中国人の消費行動に対応

中国人の心理面だけでなく、消費行動にも着目していることも大きな特徴でしょう。中国人の消費行動は他の地域に比べて異なります。
例えば、以下のような特徴です。

  • 中国人は3世代で旅行することが多い
  • 友達の家族を伴って旅行することがある
  • 大人数になるのでホテル代が高くなる
  • 旅行中でも家庭的な中国料理が食べたくなる

中国人の旅行と言えば大人数になることが多いので、一般の民泊物件では狭いといった問題が発生します。また、中国料理を食べられる環境でなければ、それが旅行の不満になり得るのです。途家はそうした中国人の旅行の消費行動を把握した上で物件を提供しているため、多くの中国人観光客から評価されています。

4.ホストも安心のサポート体勢

途家のプラットフォームはホストも安心できるサポート体制が整っており、特に集客サービスが魅力です。
中国人向けの民泊の宣伝に力を入れており、インテリアやアメニティのコーディネートなどのサポートをしてくれるので、知識がなくても民泊を提供することができます。清潔感や活気がある部屋は中国人から好まれるので、部屋のレイアウトなどはプロに任せると良いでしょう。民泊予約サイトとしての高い知名度を利用できるので、ユーザーが集まらなくて困るということは少ないです。

途家のホストになるには?

「途家の魅力に惹かれてホストになりたいと思ったけど、どうやったらホストになれるの?」

初めて民泊サービスを始めようとする人の中には、ホストになる方法が分からないという人もいるでしょう。そこで、ここでは途家のホストになるにはどうしたら良いか紹介します。

ホストになるために、まずは途家のホスト管理システムである途家WAKAに登録をしましょう。
2018年2月までは、従来のホスト管理システムである途家管家を利用していたのですが、中国北京の民泊プラットフォーム大手である大魚の買収により、システムが統合されたのです。

途家WAKAは、従来の途家プラットフォーム(www.tujia.com)に加えて、CtripやQunarなどの中国大手のweb旅行会社といった8つの中国国内サイトに物件を掲載することができます。より多くの中国人に貸出物件を知ってもらうためには、途家WAKAに登録した方が良いでしょう。

登録方法は以下の通りです。

途家WAKAのサイトに入ると、以下のようなページが表示されるので、「今すぐ登録する」をクリックします。

クリックすると、以下のようにユーザー名やメールアドレスを入力するフォームが表示されます。
フォームに沿って入力しましょう。

フォームを送信するとメールが送られてくるので、再度アクセスして登録完了。アクセスすると、以下のようなページが表示されます。

物件を登録するときは、「物件の新規作成」からページを移動して、フォームに沿って登録しましょう。

全て入力したら、ページ最下部の「提出する」をクリックして終了です。
いざアカウントの作成や物件の登録をするとなると面倒に感じるかもしれませんが、入力フォームの項目は少なくすぐに終了するので、まずは途家WAKAに登録しておくと良いでしょう。

その他の中国系民泊サイト

今回は中国民泊サイトの中でも途家をメインに紹介しましたが、他にも中国系の民泊サイトは存在します。
他のサイトが気になるという人は、以下の5つのサイトに目を通してみてください。

これら5つのサイトを把握しておけば、中国の民泊物件の情報を満遍なく手に入れられます。ただし、中国系民泊サイトに物件を登録したい場合は、途家をメインに活用しサブで他のサイトを利用した方が良いでしょう。

先ほど紹介しましたが、途家WAKAを利用していれば8つの中国国内サイトに物件を掲載できるからです。他の中国民泊サイトをメインで利用すると、メインのものしか掲載できないので、認知に苦労することが考えられます。
どのサイトに登録するか迷ったら途家WAKAだけでも登録をしておきましょう。

まとめ

中国人向けに民泊を検討している人は、まず最初に途家に登録することをおすすめします。
途家は中国国内において最大のプラットフォームなので、初めて外国人を対象に民泊を行う人にとって安心できるサービスです。特に、物件の準備において素人では気づかないような部分までアドバイスをもらえるので、高品質のサービス提供を可能にし、ユーザー数を増やすことができます。中国人に好まれるサービスを提供できるので、しっかり収益を上げたい人は途家が有効です。
今回紹介した手順を参考に、途家WAKAを利用して中国人向けの民泊ビジネスを成功させましょう!

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ