世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

日本で進むインバウンド向けのベジタリアン対応の中身とは?

インバウンド需要が高まりを見せる中、これまでとは異なるアプローチで外国人を迎え入れなければならないというケースも増えてきています。

日本の食事は海外からの観光客が最も期待しているアクティビティの1つですが、ベジタリアン・ヴィーガン向けの食事を提供することも、彼らの満足度を向上させるためには欠かせません。

今回はインバウンド需要を見越したベジタリアン対応に置いて、必要な施策などについてご紹介していきます。

ベジタリアンの定義

ベジタリアンという言葉は日本でも少し前から耳にすることもありましたが、どのような対応が必要になるのでしょうか。

ヴィーガンとベジタリアン

ベジタリアンとともによく使われるのが、ヴィーガンという括りです。一見すると似たような言葉のように思われますが、この2つは厳密にいうと異なる意味を持っています。

ベジタリアンは菜食主義者という意味で、肉や魚を食べない活動が中心になっています。アレルギーやなんらかの倫理的な理由などで肉や魚などを口にしない人はおおよそベジタリアンと言えますが、その取り組み方によってベジタリアンは細分化することができます。

ヴィーガンはベジタリアンの一種で、動物性のものを一切摂取しないと決めている人たちです。日本語では完全菜食主義者と翻訳され、彼らは肉や魚だけでなく、牛乳やバター、卵といった動物性のものを一切口にしません。

ベジタリアンには肉は食べなくとも魚は食べたり、牛乳は飲んだりするという人もいます。しかしヴィーガンはすべての動物性の食品を拒否するため、ベジタリアンの中では最も厳しいルールを自分に課していると言えるでしょう。

人によってその理由は様々

菜食主義者が魚や動物性の食品を口にしない理由は様々です。アレルギーのように健康上の理由からベジタリアンとなる人もいますし、食肉加工にかかるコストや環境負荷を考慮し、自分が積極的に食肉を拒否することで地球を守ろうと考えてヴィーガンになるケースもあります。

あるいは、宗教上の理由で豚や牛を食べなかったので、そのまま他の肉類も食べなくなったという人もいます。

また一般人だけでなく、発信力のあるセレブやアーティストにもベジタリアンやヴィーガンを公言している人がいるため、彼らの振る舞いをしっかりと受け入れることが、多様性の上では非常に重要な課題となっています。

肉を食べないことがトレンディであるという兆候もあるため、特に若い人には受けが良いだけでなく、ヘルシーな食事であるという側面も持っているため、ベジタリアン料理やヴィーガン料理は普段は菜食ではないという人にも定評があります。

対応が進むベジタリアン向けサービス

ベジタリアンへの意識は国内よりも海外で高まりを見せていることもあり、インバウンド対応の一環としてもベジタリアン向けのサービス提供が進んでいます。

市場規模は400億円にものぼる

日本でのベジタリアン率はわずか4.5%にとどまっている一方、世界で最もベジタリアンの多い国であるインドは、29%がベジタリアンであるというデータがあります。

参考:Frembassy「2018年の訪日外国人ベジタリアン〜人数と市場規模〜」

国民の3割がベジタリアンというのは驚異的な数字ですが、他の国のベジタリアン率を見ても、ヨーロッパを中心に10%以上がベジタリアンという国は多く、日本への観光客も多い台湾は13%がベジタリアンだとされています。

この割合から、おおよそのベジタリアンの訪日観光客数も各国ごとに算出されています。その結果、2018年にはおよそ150万人ものベジタリアンが日本に集まったと推計され、全体の4.8%がベジタリアンと考えられます。

そしてインバウンド観光客の飲食費は9,758億円ですが、そのうちの4.8%、つまり468億円が、ベジタリアンの日本での飲食費となります。

必ずしもこの全てがヴィーガンのように厳しい菜食主義を貫く人の消費であるとは言えませんが、それでも潜在的なベジタリアン向けの料理の需要は、400億円を超えるものがあると考えて良いでしょう。

同時にその拡充が急務になっている

日本は精進料理のように、伝統的な食事にもヴィーガンに通ずるものがあるとはいえ、すべての飲食店でそのようなものを提供しているとは限りません。

また、日本のベジタリアンは5%に満たないため、飲食店でベジタリアン向けの食事を提供するケースも少ないものです。

そこで少なくとも観光客がよく訪れる地域のレストランだけでも、ベジタリアン向けの料理を提供したり、どの料理が肉や魚が使われていないかをきちんと表記するなど、早急に対応ができるものから行っていくことが必要になります。

2020年には東京オリンピックが控えており、否が応でも世界中から観光客が集まり、これまで日本に興味を持たなかった人々も訪れることが考えられます。

少しづつ可能な部分から対応を進めていくと良いでしょう。

なぜベジタリアンへの対応を進める必要があるのか

ベジタリアンは言ってしまえばマイノリティであるため、無理に対応する必要はないと思われるかもしれませんが、それでも可能な部分で施策を行った方が良い理由があります。

食文化の多様性は世界で当たり前に

アレルギーや倫理的な問題で特定の食品を口にしないことを宣言する人は、今や世界中に偏在し、人権を獲得しています。特にアレルギー表記については死亡事故に繋がることもあるため欧米では非常に厳しく、同様にベジタリアン向けの食事にも配慮が広がっています。

必ずしもベジタリアンが肉類を口にすると健康被害が生じるとは限らないのですが、食べないことが人権に直結しており、彼らに向けた施策を怠ると人権問題にもなってしまいかねません。

健康大国としてのブランドや期待に応える

また、日本は昔から豆腐や大豆料理などの健康料理や、長寿の国として世界から知られてきた健康大国です。そのためベジタリアンからの注目度も高く、彼ら向けの食事を期待して日本を訪れる人も少なくありません。

観光客のおもてなしとして、ベジタリアン料理は非常にポテンシャルを持っているのです。

実際のベジタリアン向け施策導入事例

ベジタリアンやハラールなど、倫理的な食の多様性に敏感なのが空港です。

特に羽田空港ではヴィーガン向けの食事やハラールの料理を提供するショップやレストランがあり、ベジタリアン向け施策のスタンダードな例として目は通しておきたいところです。

羽田空港公式サイト

また、Vegewelというサイトを使えば、ベジタリアン料理を提供しているレストランを気軽に検索することもできるため、参考にしてみるのも良いでしょう。

Vegewel

おわりに

ベジタリアン向けの施策はまだ日本ではそこまで進んでいませんが、海外では先進的な取り組みがなされているケースも見られます。

丸ごと真似する必要はありませんが、それらを参考にしながら自社サービスに取り入れていくことも意識しておく必要があります。

海外向けのマーケティングでお悩みはありませんか?

Globalizeを運営する株式会社LIFE PEPPERでは、細かい施策や改善だけでなく、戦略設計から実行を含めた「ビジネスの成果」に繋がる海外向けのマーケティングをご提案します。

海外向けのマーケティングでお困りの方はこちら