世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

ベトナムの春節?テトの過ごし方

「テト」とは、ベトナムの「旧正月」を指します。1週間ほどが休暇となり、この長期休暇を利用して、ベトナム人たちは帰省をしたり、海外旅行をして過ごします。

反対に、このテト期間中にベトナムを訪れる観光客はテト期間ならではの注意も必要です。では、一体どのようなことに注意をすればよいのでしょうか。この記事では、テトの過ごし方やテトの祝い方についてご紹介します。 

テトとは

テトは月の満ち欠けに従う「旧暦」に基づいた、ベトナムの「旧正月」を意味します。2020年は1月25日がテトであり、1週間ほど旧正月となります。そのため、この期間中はお店やレストランなどは閉まっており、ベトナム人らは家族で過ごしたり、この期間を利用して国内外への旅行へ出かけます。

◼︎参考

ベトナムのテトはどう過ごす? テトの注意点やイベント情報も紹介 | POSTE(ポステ)

テトの過ごし方

テトは、ベトナムにおいては最も長期に渡る休暇期間でもあります。従って、テト期間はベトナム中のお店やレストランがお休みとなります。では、この期間にベトナムの人々はどのように過ごしているのでしょうか?その過ごし方について紹介します。

帰省をする

テト期間中は、「家族と過ごす」ことが最も一般的な過ごし方となります。そのため、このお休みの間に地元へ帰省し家族で集まり、テトならではの料理や飾り付けを行なったりします。

国内旅行に出かける

休暇期間が1週間あるため、この時期を利用して旅行に行く方が多くいます。特に、国内で人気な旅行先は、ホーチミンやダナン、そしてホイアン。これらの地域は外国人観光客が多いことから、テト期間中も空いているお店やレストランが多く、人気の観光地となっています。

海外旅行に出かける

国内旅行だけではなく、長期休暇を海外旅行に使う方も多くいます。中でも、陸続きとなっているカンボジア、ラオス、そしてその先にあるタイへの旅行は、テト期間中の旅行において最もポピュラーな訪問先となっています。

テトの祝い方

1年で最も大切な期間であるテト。新年の特別なお祝いということもあり、ベトナム国中が盛大にお祝いを行います。では、実際にはテト期間中においてはどのようなお祝いをするのでしょうか?その祝い方について、ここでは紹介します。

花火や爆竹で盛大に祝う

旧暦の年越しカウントダウンに、街中の至る所で花火と爆竹が設置されます。花火会場では早くから多くのベトナム人たちが集まり、非常に混雑した状況となります。花火の打ち上げは各地一斉に行われ、ここから一気に新年ムードとなります。数分間に渡る花火や爆竹の盛大さには、観光客も大きく驚かれることでしょう。

◼︎参考

ベトナムのテトはどう過ごす? テトの注意点やイベント情報も紹介 | POSTE(ポステ)

家族が集まる

ベトナムは祝日が少ないことから、仕事のために地元から離れ、遠い地域に住んでいる方は、普段中々地元に帰れない場合が多くあります。そのため、テトの1週間を利用して帰省し、家族みんなでお正月のお祝いをします。

食べ物

代表的な伝統料理として、バインチュン(bánh chưng)と呼ばれる料理があります。これはベトナム版ちまきのような料理で、もち米に豚肉や豆を混ぜ合わせ、葉っぱで巻いて蒸して調理します。

◼︎参考

旧正月 とは? ベトナム最大の伝統イベント『テト』について

飾り

日本で正月飾りがなされるように、ベトナムでとテトの期間中は家で飾り付けを行います。地域で飾り付けは異なり、ベトナム北部では桃の花、南部では梅の花を、玄関の外と中に飾り付けします。

◼︎参考

INFACT

ベトナムの正月(テト)の過ごし方

正月はどう祝う?

日本のお正月である1/1も、ベトナムでは新年のお祝いをします。街中で飾り付けやイルミネーションがなされ、カウントダウン時の花火の打ち上げ、また各地で新年をお祝いするイベントが開催されます。この時期はお店も多く開いているため、ベトナムへ来られる観光客は安心して観光ができるでしょう。

■参考

VIETNAMnavi

ベトナムの新正月と旧正月の祝い方

テト期間の注意点

久々に家族や友人と出会い、ベトナム各地で賑やかな盛り上がりを見せるテト。一方で、この期間だからこその注意点もあります。それら注意点について、いくつかご紹介します。せっかくのテト期間中のベトナム観光で失敗しないように、以下の注意点は必ずチェックしておいてください。

お店が休業していることも

新年のお正月ということもあり、休業しているお店やレストランもいくつかあります。お店によってはテト期間全てを休業にしたり、期間中数日間をお休みにしたりと様々です。特に都市部を離れた地域では、その閑散とした様子に驚かれるかもしれません。もしも事前に行きたいお店が決まっている場合は、事前にお店の情報を確認しておく必要があるでしょう。

正月割り増し料金がかかる

・カフェ、レストラン

テト期間中は、基本的にカフェやレストランが休業となります。従って、この期間でも空いているお店は特別価格となり、通常よりも割増となります。

・交通機関の値段が上がる

ベトナム人の帰省ラッシュや国内旅行の影響もあり、電車やタクシーは非常に混雑します。そのため、使用できる本数が少なくなり、乗車券の料金が割増となります。

◼︎参考

ベトナムのホリデーシーズン 私の過ごし方(旧正月「テト」の時期に注意すべきこと)

交通機関が混雑

テト期間を利用して、多くのベトナム人が国内外へ旅行します。さらに海外からの観光客も来ることから、交通機関は大変混雑します。特に、飛行機の本数は限りがあるため、テト中にベトナムへ行かれる方は早めの予約が必要となるでしょう。

まとめ

ベトナム国内において、1年で1番盛り上がりを見せるテト。テト期間に家族と再会し、家の飾り付けや料理をする。または長期休暇の機会に家族や友達と旅行へ出掛けたり。このように、テトはベトナム人にとっては非常に大切な期間となるのです。

一方で、このテト期間中にベトナム旅行をする外国人観光客は注意が必要です。テトに関して知らないで行くと、お店やレストランがお休みしていたり、交通網が混雑していたりと、非常に混乱してしまうでしょう。しかし、この期間中の注意点さえ事前におさえれば、この時期にベトナムへ行く観光客も、充分にテトを味わうことができます。普段と違う様子のベトナムを味わってみてはいかがでしょうか。

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ