世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

WeChat(微信・ウィーチャット)の登録方法・使い方

中国を中心に10億人以上のユーザーがいるWeChat(ウィーチャット)。ネット規制がある中国では、日常的に使われているチャットアプリです。LINEやメッセンジャーは使えないことから、中国へ渡航する際には登録しておきたいアプリの1つですね。

この記事では、登録方法や使い方のみならず、どんな機能があるのか?Wechatは安全なのか?といった疑問にもお答えします。

WeChatとは?

画像:https://www.wechat.com/ja/

WeChat(微信)はTencent社が2011年に開始したチャットサービスです。日本では「中国版LINE」と表現されることもありますが、利用者はLINEの約5倍、10億人のユーザーを抱える中国では欠かせないアプリです。
日本からも登録は可能で、中国人とやりとりする機会があるのであれば必須のコミュニケーションツールとなります。
通話やチャットはもちろん、スタンプなどが豊富な点はLINEと似ています。

ですが、WeChatはコミュニケーションのツールだけではなく日常で便利な様々な機能やサービスが使える点が大きな特徴になっています。

WeChatで使える機能

WeChatはチャットや通話の他にも、様々な機能を備えています。

例えば、Facebookのような投稿が出来る「モーメンツ機能」、シェイクするとお店などで流れているBGMをの曲名を教えてくれる「シェイク機能」、またタクシーの手配や買い物の支払いができるんです。

支払いはQRコードを使って簡単に行うことができます。現在の中国ではQRコード決済が誌普及しており普段使いからビジネスまで欠かせないものとなっています。

wechatは安全なのか?

WeChatは決済などで使えて便利ですが、安全面は大丈夫なのでしょうか?WeChatのセキュリティ面や気を付けるべきことについてもまとめてみました。

黄・賭・毒の3つが禁止

WeChatでは中国の規制事項が禁止されています。それが「黄・賭・毒」の3つです。
日本語にするとポルノ産業や賭け事、ギャンブルを指しています。これらを使ったテキストやこれらを連想させるワードには注意が必要です。WeChatは中国の検閲の保護下にあるので、同様のワードを多用するアカウントは、アカウントの凍結などの厳しいペナルティが発生します。

逆に言えば、不特定多数への投資の勧誘や詐欺まがいの商法などが横行しにくく、一般ユーザーにとっては安心して使える環境と言えます。

WeChatは検閲されている

WeChatでは、「黄・賭・毒」を取り締まるため、メッセージや情報の発信が暗号化されておらず、常に検閲により監視されています。そのため、情報の漏洩の可能性は注意しなければなりません。

もちろんビジネスでもあらゆる場面で使われているWeChatですが、まだ公にしていない社内情報や機密なやりとりには多用せず、使い分けるといいでしょう。

セキュリティ設定はマスト

WeChatは非常に便利なサービスですが、それだけにパーソナルな情報を多く持っています。利用の際にはセキュリティ設定はきちんと行っておきましょう。

1.他のサービスとパスワードを併用しない。
WeChatに限ったことではないですが、オンライン上のサービスを利用するにあたってはこれが一番有効なセキュリティの手段です。オリジナルのパスコードを設定しておきましょう。

2.緊急連絡先を登録しておく。
WeChatでは、万が一のために信頼のおける友人や家族を3人緊急の連絡先として設定しておくことが可能です。設定した時に友人や家族に通知がいくわけではないので、念のため設定しておくと良いでしょう。

3.声紋認証を利用する。
WeChatでは、パスワードの他に声紋認証機能があります。
声紋認証は、[設定]→[プライバシー]から設定することが可能です。

数字を読み上げるだけで登録することが出来ます。日本語でも問題ありませんので、登録しておくと良いでしょう。

wechatを使うには?

登録方法

1.アプリを起動する。
WeChatをインストールし、起動すると、まず下のような画面になります。
「ログイン」「登録」というボタンがありますので「登録」を押してみましょう。

「モバイルで登録」
「Facebookで登録」
を選択することが出来ます。
(WeChatアプリは古いバージョンではアカウント登録が出来ない場合があります。アプリを最新の状態で起動させましょう。)

右上で、言語の選択も可能です。
今回は「モバイルで登録」を選択します。

2.必要情報を入力する。

アイコン写真・指名・地域・電話番号・パスワードを設定し、使用許諾契約書に同意します。名前は日本名でも問題ありません。

3.プライバシー保護概要に同意する。

プライバシー保護概要に同意し、「次へ」を選択します。

4.セキュリティ認証のパズルを完成させます。

青のバーを右にスライドさせ、パズルのピースを穴に上から一致するように合わせます。

5.SMS認証コードを入力する

最後に登録した電話番号にSMSで確認コードが送られてきますので、コードを入力→送信すれば、アカウント登録は完了です!

使用方法

メッセージ

アカウントを登録するとスマホの電話帳を同期するか選択できます。
同期をすれば利用しているユーザーが追加され、すぐにメッセージを利用することが可能です。

下部のメニューバーにある「チャット」から、メッセージを送ることができます。

チャットウィンドウは、LINEと大きな違いはありません。感覚的に利用できるでしょう。
①音声チャットのボタンです。
②テキスト入力エリア
③スタンプ
④通話や写真や動画、連絡先の送付ボタン

通話の仕方

通話は、チャットうウィンドウから行うことができます。
右にある「+」ボタンをタップすると、「無料呼び出し」という項目があるので、そちらから通話が可能です。
また、ビデオ通話も同じく「+」ボタンから呼び出すことができます。

連絡先の交換

友達の追加は、WeChat IDもしくは電話番号を使った検索、また、QRコードのを使って追加することができます。

連絡先の追加は、[連絡先]→[新しい友人]から行うことができます。

プロフィール、各種設定

・基本情報
プロフィールには、名前、プロフィール画像の他に、性別、地域、ステータスを登録できます。ステータスは30文字以内のテキストを入力できます。
また、連絡先の追加時に便利なWeChat IDを[マイプロフィール]から任意のIDに変更することが可能です。(初期は自動で生成されたIDになっています。)

・モーメンツ
ユーザーはタイムラインに写真や動画などのコンテンツを投稿することができます。友人はプロフィールから投稿を見ることができます。

・タイムカプセル
インスタグラムのストーリーズのような24時間で消える動画を設定できる機能です。友人はプロフィール写真をタップしてタイムカプセルを見ることができます。

wechatの他のサービスにも登録しよう

WeChat Pay

WeChat PayはWeChatで使える決済サービスです。
決済サービスの利用するには中国の銀行口座、実名確認が必要になります。

WeChat web

画像:https://pc.weixin.qq.com/?t=win_weixin&lang=ja

WeChat webはWeChatをパソコンで利用することができます。スマホとの連携も簡単で、動画や画像をシェアすることが可能です。
WeChat webはWindows版、Mac版があります。

専用のQRコードを読み込むとスマホのアカウントと連動することができます。

まとめ

今回は中国で最大級のチャットアプリ「WeChat(微信)」について紹介させていただきました。中国への旅行や、中国人とのビジネスにおいて必須のコミュニケーションツールです。機会のある人は是非使ってみてください。

■参考
・WeChat
https://www.wechat.com/ja/
・Live commerce 中国最大のチャットアプリ WeChatのすごすぎる機能
https://www.live-commerce.com/ecommerce-blog/wechat-feature/#.XaQbAEb7SUk

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ