世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

決済サービスのAmazon Payとは?その特徴に迫る

Amazon Payとは、世界最大のECサイトであるAmazonが2013年にリリースした、オリジナルの決済サービスです。日本では2015年から使えるようになりました。

ネットショッピングの最大の魅力は、家からでも職場からでも、場所も時間も選ばず欲しいものを注文できるという利便性にあります。
しかし、今では大手ECに限らず、どこの小売店も独自のオンラインショップを展開しているために、新しいショップで買い物をするたびに会員登録やクレジットカードの登録など、面倒な手続きを幾度となく強制されることも増えてきました。

そんな悩みを解消すべく誕生したのが、Amazon謹製のキャッシュレスサービスであるAmazon Payです。今回はAmazon Payについて、Amazon Payの特徴や活用方法、店舗での利用方法などについてご紹介していきます。

Amazon Payとは

Amazon Payは、世界最大のECサイトであるAmazonが2013年にリリースした、オリジナルの決済サービスです。
https://pay.amazon.co.jp/using-amazon-pay

2015年から日本でもサービスがスタート

当初はアメリカやヨーロッパを中心に展開していたサービスでしたが、実験的な取り組みを続ける中で、徐々に利用可能地域を拡大していきました。

2015年からはついに日本でも使えるようになり、国内の3000万人を超えるAmazonユーザーにとっては期待値の大きな決済サービスとなっています。

Amazon Payの特徴

Amazon Payはいわゆるキャッシュレス決済を可能にするサービスの一つですが、最大の特徴はAmazonのアカウントを使って決済が行えるようになっている点です。

面倒な会員登録なしで簡単に支払える

これまで新しいサービスが登場するたびに、ユーザーには大きな期待を与えてくれていた一方、新規サービスということもあり、その都度会員登録や口座情報の登録、本人確認など、煩雑な手続きを必要としてきました。
Paypayのように大掛かりなポイント還元キャンペーンができれば初速も伸びるものですが、大きな資本力がない限りは、消費者に会員登録の煩わしさに耐えてもらう必要があったというわけです。

一方、Amazon Payは支払い情報などを全てAmazonのアカウントと紐づけているため、利用に際して面倒な手続きを取る必要はほぼありません。
最初の規約同意などの簡単な操作は必要ですが、それでもいちいち数字を入力したり、本人確認を行う必要もないため、利用までの手間はキャッシュレス決済サービス関係の中で最も簡便な部類に入るでしょう。

Amazonアカウントはすでに多くの人が持っている

そもそもAmazonのアカウントは、インターネットショッピングを利用する人であれば、ほぼ確実に持っているという点が、Amazon Payの大きなアドバンテージです。

もう一度Paypayの例を引き合いに出すと、あのサービスはYahooやソフトバンクの豊富なユーザー数を生かして大きなムーブメントを作ることに成功した決済サービスですが、Amazonは世界に数億という自社ユーザーを抱える大企業です。

そのため何のサービスを始めるにせよ、Amazonのショッピングアカウントと紐つけての利用さえ可能にしてしまえば、多くのユーザーを囲い込むことが簡単に行えます。Amazon Payもマス向けの大きな広告こそ見かけることはありませんでしたが、元々のAmazonユーザーが膨大である以上、導入店舗が増えていけば自然とそれが広告として機能し、ユーザーも増えていくことが考えられます。

消費者向けamazon pay利用のメリット

Amazon Payは、もちろん消費者にとって非常に利用価値の高いサービスであることは間違いありません。

対応店舗・オンラインショップならどこでも使える

Amazon Payが優れているのは、登録が簡単なだけではありません。対応店舗は日本全国で広がっており、現在も導入数は増加の一途をたどっています。

以下のマップから、対応店舗の一覧を確認することができるので、家や職場の近くに対応店舗がないか探してみましょう。
https://www.omise-map.jp/amazonpay?ld=NSGoogle

また実店舗よりも先に、Amazon PayはEC界隈で話題を呼んでいたサービスでもあります。

実際Amazon PayはECサイトでの導入実績も高く、大手ではアパレルファッションECのZOZO、家具販売ECのLOWYAなど、大抵のサイトでAmazon Payを利用することができます。
逆を言えば、Amazon Payの導入によって、オンラインショッピングは全てAmazonと同じようなプロセスで購入が可能になったとも言えるでしょう。

事業者にとってのamazon pay導入のメリット

消費者だけでなく、事業者にとっても嬉しいメリットがいくつもあります。

カゴ落ちを回避できる

Amazon Payを導入する最大のメリットは、やはりカゴ落ちの回避に役立つ点が挙げられます。
自社のオンラインショップで訪問客がカゴに商品を入れてくれるまでは良いものの、そこからうまく購入に繋げられず、離脱してしまうというケースは、EC事業者にとっては最大の悩みです。

大手ECと違い、中小規模のECの場合は前述の通り新規会員登録が最大の壁として立ちはだかります。
たとえ楽天やAmazonで販売されているよりもわずかに安い価格で商品を提供できても、支払いや注文の手続きが煩雑になってしまえば、多少高くても大手ECに流れていってしまうというケースは少なくありません。

そこに目をつけたAmazonは自社の膨大なデータベースを活用し、Amazon Payという形式で、中小ECでも最大限に活躍ができるよう、決済サービスを提供し始めたということです。

信頼性・ブランド力も上々

Amazonは利用している人にとってはもちろんのこと、していない人にとっても一度は名前を耳にしたことがあるほどのECサイトです。
今や新興のキャッシュレスサービスが次々と現れていますが、どれだけバックに大手企業がついていても、今まで耳にしたことのないサービスはどこか警戒してしまうものです。

しかしAmazon Payの場合は、決済サービスとしては未知数でも、すでに多くの顧客と商品を結びつけてきたという多大な実績があります。
そのため特にAmazonに思い入れの無い人でも、Amazon Payは気軽に利用してみようかと思えるサービスでもあるのです。

Amazon Payの注意点

Amazon Payは利便性の高いサービスですが、注意しておくべき点も見ておきましょう。

利用可能な店舗が限られている

一つは利用可能な店舗、ECサイトが限られている点です。

これは他の決済サービスにも言えることですが、特に実店舗においては他のサービスに比べてやや遅れている節もあるため、事前に上のマップなどを利用し、使える店舗を確認しておくことが重要です。

他サイトで買い物をしても、Amazonポイントしか入らない

また、Amazon PayはAmazonの決済システムを利用することになるため、その他のポイントサービスとは併用できないことが基本になります。
ただクレジットカードのポイントなどはAmazon利用時と変わらないため、その点は心配する必要はありません。

手数料が発生する

これは事業者向けのデメリットですが、Amazon Payの利用には手数料が発生します。デジタルコンテンツは4.5%、物品などのデジタル以外の商品は4%固定となっているので、採算についてはこの数値をもとにあらかじめ確認しておきましょう。

まとめ

まだまだ知名度は他の決済サービスに劣っていますが、すでにオンラインショッピングの分野においては大きな存在感を見せているAmazon Pay。
世界中にネットワークをもち、無尽蔵の資本力を蓄えている以上、その潜在的な安定感と持久力は、数ある決済サービスの中でも指折りと言えるでしょう。

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ