世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

【国別】海外マーケティングで使いたい媒体まとめ

海外に商品やサービスを売り出す前に重要なのがマーケティングです。マーケティングをどのようにやるかが、成功するか失敗するかを左右します。

この記事では海外マーケティングをする際に使いたい媒体をご紹介します。最適な手段で効率的に現地のニーズをつかみ、海外マーケティングを成功させましょう。海外ではどのような検索エンジンやSNSが使われているか知りたい人にもおすすめです。

海外マーケティングの流れ

海外マーケティングの流れは下記の通りです。

市場調査

自社の製品や商品を海外に販売するために、最初に市場調査が必要になります。そもそも海外に需要がなかったり、強力な競合他社が存在したりして販売が難しいこともありうるでしょう。そのため、事前の市場調査はとても大切です。

市場調査は「ニーズ調査」「価格調査」「競合調査」「トレンド調査」大きく4つに分類できます。

・ニーズ調査

自社の商品やサービスを海外の消費者のニーズを満たすかという調査が必要になります。海外は商習慣や文化によってニーズが異なるため、需要があるかどうかは、その国の文化によって変わってくるでしょう。

海外の消費者が何を求めているのか、消費者の意見を集め、分析することが大切です。現地に直接ニーズを聞きに行くことは時間的、人的にも時間がかかります。そこで、現地の調査会社に外注して調べさせる方法も1つの手段です。

・価格調査

現地の消費者のニーズが分かったら、自社の商品の適正価格を決めるために価格調査を行います。競合製品の価格を調査して、自社の製品やサービスの価格を決めます。

現地の店舗で販売されている商品の価格を調べたり、オンラインショップで販売されている商品の価格を調べましょう。現地の店頭販売価格を一覧にすることで、適正な価格がいくらなのかが分かるでしょう。

・競合調査

自社の商品やサービスを提供しても、現地に似たような商品を提供している競合他社があれば、売れにくいでしょう。競合他社をシッカリ調査して、自社のビジネスにどれぐらいの影響を及ぼすのが調査することが必要です。

・トレンド調査

1年目に流行していた商品が、1年後にはブームが過ぎ去ることは良くある話です。SNSの登場によって拡散スピードは速くなっているため、どの地域で何を流行しているのかを掴むことが大切です。そのためトレンド調査も入念に行います。

展開するサービス・商品を開発

日本で売れた商品やサービスが、そのまま海外でも売れるとは限りません。現地の消費者の好みやライフスタイルに合わせた海外向け商品開発が大切です。そのため、現地のライフスタイルを把握し、現地の消費者をターゲットにした商品開発をしなければいけません。その際には、繰り替えしになりますが、現地の競合他社との差別化を考慮した商品をつくりましょう。

販促手段の決定

どこの国でどのような商品を販売するかが決まったら、販促手段を検討していきます。現地の消費者に対して認知度を高めていくためには、いくつかの施策が必要です。これらの施策のうち、メディアに対してお金を支払い出稿するものを広告、それ以外をマーケティング活動と呼びます。これらの中から、販促手段を決定していきます。現地でのブランディングや販売促進を企画することは、とても重要な過程です。

海外webマーケティング

海外Webマーケティングとは、海外で自社商品やサービスが売れるような仕組みをインターネット上で作ることです。海外でもインターネットユーザー数は増え続けているため、海外Webマーケティングを上手に考えていくことで、企業の業績アップが見込めるようになるでしょう。施策は、さまざまなものがあるため、最適な施策を選んでみましょう。

リスティング広告

リスティング広告とは、広告サービスにお金を支払って、Webサイトの検索結果の上位に表示できる広告のことをいいます。広告のクリック数に応じて課金される広告「PPC(クリック課金型広告)」の一種です。国別に使用されている広告は下記のように異なります。

中国Baido(百度)
台湾Google、Yahoo!
韓国NAVER
アメリカGoogle

SNS

SNSとはソーシャルネットワーキングサービスを省略したもので、多くの人がコミュニケーションとして日常で入手した情報を発信したりするコミュニケーションツールです。

そのようなSNSの配信面を利用して、自社商品・サービスの宣伝を行うことをSNS広告といいます。また、拡散性の強いSNSならではの特性もあり、効果的なWebマーケティング手法としても注目されるようになりました。

国別に使用されているSNSは異なります。

中国WeChat、Weibo、QQ、RED
台湾Facebook、Instagram、YouTube
韓国Facebook、Intstagram、NAVER BAND、カカオトーク、Twitter
アメリカFacebook、Instagram、YouTube

コンテンツマーケティング(SEO)

コンテンツマーケティング(SEO対策)とは、インターネット検索結果で自身のWebサイトを多く露出させるための対策のことをいいます。別名検索エンジン最適化とも呼ばれます。国ごとに使用されている検索エンジンは異なるので、それに合わせたSEO対策を行っていきます。

中国Baido(百度)
台湾Google、Yahoo!
韓国NAVER
アメリカGoogle

海外マーケティングを成功させるポイント

海外マーケティングは、失敗する企業もあれば、成功を収めている企業も存在します。この違いはどこから来るのでしょうか?ここでは、海外マーケティングを成功させるポイントについて解説します。

進出する国の文化やニーズを理解する

海外マーケティングに成功している企業はローカライズできています。ローカライズとは、現地の消費者に受け入れられるように対応させることを意味しています。国によって、国民性や文化が変わるため、それに合わせてWebマーケティングも変更しなければいけません。

また、日本の感覚と現地の感覚は大きく異なるため、進出先の国の文化や消費者ニーズを正しく理解しています。

入念な調査を行う

海外マーケティングに失敗している企業は、調査不足であることが多いです。充分に調査ができていないと、実際に進出した際に国内企業よりも力を持った競合が参入してくる可能性だってあるのです。

このようなリスクを入念に調べない企業は、大抵失敗しています。逆に言えば、入念な調査を行っていれば、競合他社よりも優位に消費者に商品を売ることができるのです。実際に、成功している企業は、入念な調査を欠かしていません。

まとめ

この記事は、海外マーケティングについてご紹介しました。国によって、利用しているWebサイトやSNSが異なります。また、現地の消費者の価値観やライフスタイルも大きく異なるため、言語が出来れば成功するものではなく、現地の消費者のニーズをシッカリ把握して喜んでもらえる商品やサービス情報を届けることが重要です。

日本で売れた商品だからという理由で、海外でも商品が売れるとは限りません。そのため、入念な調査をして、マーケティング計画を立てるようにしましょう。

海外向けのマーケティングでお悩みはありませんか?

Globalizeを運営する株式会社LIFE PEPPERでは、細かい施策や改善だけでなく、戦略設計から実行を含めた「ビジネスの成果」に繋がる海外向けのマーケティングをご提案します。

海外向けのマーケティングでお困りの方はこちら