世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

SEO対策で韓国NAVERの検索順位を上げる方法

韓国で最も使われている検索エンジンは、NAVERです。

韓国と日本では、検索エンジンは異なるので、実は日本と同じようにSEO対策をしても、検索順位は上がらないんです!

韓国でネットコンテンツを配信している人の中には、どうしたら韓国で検索順位を上げられるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

今回は、韓国と日本のSEO対策の違いや韓国のSEO対策のポイントを紹介します。この記事を読んで、しっかりSEO対策を行い、韓国でのプロモーションを成功させましょう!

韓国のネット事情

まず、韓国のネット事情について触れます。

日本では、検索エンジンと言えば、GoogleやYahoo!Japanが使われていますが、韓国では、これら2つの検索エンジンではなく、NAVERと呼ばれる検索エンジンがメインで利用されているのです。

韓国人の検索エンジンのシェアの割合は、1位がNAVERで2位Google、そして3位はDAUMで、7割以上の人がNAVERを使用しています。NAVERはNAVER Corporationが運営するポータル型の検索エンジンで、韓国国内では3,700万人以上が利用する最も利用されているコンテンツです。

韓国でWEBマーケティングを行う上で、NAVERの使いこなしは必須なので、NAVERの特徴や使い方は把握しておきましょう!なお、以下の記事で、NAVERの登録方法や特徴について紹介しているので、そちらもあわせてご覧下さい。

韓国No.1検索エンジンNAVERの登録方法と特徴を解説! 

日本のSEO対策との3つの違い

日本と韓国のSEO対策の違いについて紹介します。

SEO対策の違いで押さえておくべきポイントは以下の3つです。

  1. 検索エンジンの機能
  2. キーワードの認識能力
  3. 検索上位にくるコンテンツの特徴

順に説明するので、SEOの違いについて把握しましょう!

検索エンジンの機能

日本と韓国では利用される検索エンジンの機能が異なることは頭に入れておく必要があるでしょう。

特に、日本と韓国の検索エンジンの最も大きな違いは広告の多さです。日本のメイン検索エンジンであるGoogleやYahoo!Japanでは、表示される広告の量は多くて3~4つですが、NAVERでは10個以上の広告が表示されます。

韓国の場合は、検索結果は広告がメインになっているので、自然検索で表示されるコンテンツが他のコンテンツに埋もれてしまうことが多いのです。そのため、いくら優れたコンテンツを作成していても、広告などのコンテンツで隠れてしまい、日本で通用するSEO対策が上手く機能しません。検索エンジンそのものが違うので、広告などの他のコンテンツが多いことを把握しておきましょう!

キーワードの認識能力

検索するときのキーワードの認識能力の違いは把握しておくべきです。

韓国の検索エンジンでは、キーワードの表記や言い回しに違いがある場合、別の言葉として認識されます。完全一致型と呼ばれスペル間違いや文字が足らない場合、全く別の言葉として認識し、違う検索結果を表示するのです。

しかし、日本の場合は、異なるキーワードで検索しても関連ワードであれば、検索に表示されますよね。確かに英語の場合は、文字が1文字違うだけで異なる意味を表す言葉になることが多いので、別の言葉として認識されるのは仕方がないでしょう。

しかし、漢字やひらがななど1文字違ったとしてもしっかり検索に表示されますし、関連キーワードの記事も表示されます。

韓国の場合は、同じ意味を表す言葉でも1文字でも違いがあれば、検索にヒットしないということは注意する必要があります。そのため、韓国人が検索しそうなキーワードの見極めが重要になってくるでしょう。

検索上位にくるコンテンツの特徴

最後に、検索上位にくるコンテンツの特徴を把握しておきましょう!

NAVERで検索上位にくるコンテンツは、優先してNAVERブログで運営されているコンテンツです。NAVERブログのコンテンツは、NAVERで優先して検索上位に表示されます。

日本の場合は、コンテンツの質が求められますよね。ユーザーが記事やホームページなどのコンテンツでどれだけ満足できるかによって、検索表示の順位に影響します。

検索上位にくるための条件が日本はコンテンツの質なのに対して、韓国は「何のコンテンツを利用しているか」です。韓国で検索上位にコンテンツを表示させるには、NAVERブログを利用してコンテンツを運営することが求められます。

韓国SEO対策の2つのポイント

韓国でSEO対策のポイントを紹介します。

今回紹介するポイントは以下の2つです。

  1. キーワード選び
  2. NAVERブログの活用

韓国のSEO対策は日本に比べると分かりやすく、対策をしやすい傾向があるので、今回紹介するポイントを踏まえて、しっかり対策をしましょう!それでは、順に説明します。

キーワード選び

コンテンツのキーワード選びは、韓国のSEO対策において非常に重要です。

日本のSEO対策の違いでも紹介しましたが、NAVERは検索キーワードが1文字でも異なれば、類似するキーワードのコンテンツを作成していても全く流入が期待できません。

例えば、「初心者向けのパソコンの使い方」についての記事をネット上にアップしていたとします。ユーザーが「PCの使い方」というキーワードで検索すると、上記の記事は一切ヒットすることなく、そのユーザーの検索結果の画面には表示されないのです。そのため、ユーザーが一番検索しそうなキーワードを予想する必要があります。

もし、キーワード選びで迷ったら、ユーザーが検索しそうなキーワードをいくつかピックアップしておき、記事内にバランスよく振り分けておきましょう。

また、同じ意味のキーワードをタイトルに混ぜて利用するのも有効です。「PC初心者必見!プロが教えるパソコンの使い方!」など、あえてキーワードを重ねることで、両方のキーワードにヒットするように工夫することもできます。

キーワードは完全一致型なので、検索ボリュームなどを参考にユーザーが検索しそうなキーワードを見極めて、検索上位表示を狙いましょう!

NAVERブログの活用

韓国の検索エンジンで上位表示を狙うなら、NAVERブログの使用は必須です。

NAVERブログが優先して上位表示される検索エンジンでは、細かい工夫が無駄になることもあります。いくら優れた記事を執筆しても上位表示させることは難しいので、素直にNAVERブログを使いましょう。

しかし、ただNAVERブログで記事をアップするだけでは、検索上位に表示されることはできません。その理由は、NAVERで検索上位に表示するために、他のブロガーや企業もNAVERブログを利用しているからです。

やっていることは皆同じなので、更新頻度を上げるや使用画像を増やすなど、ブログ運営の工夫が求められます。以下の記事でNAVERブログの運用のコツをまとめているので、あわせてそちらもご覧下さい。

韓国プロモーションで必須のnaver blog活用法 

まとめ

韓国の検索エンジンでSEO対策をするときは、日本とは異なることを頭に入れておく必要があります。日本の検索エンジンはキーワードが完全に一致しなくてもコンテンツがヒットすることはありますが、韓国の場合は、キーワードが完全一致しなければなりません。

何も知らずに日本と同じようなSEO対策をしても、期待する効果が得られないことが多いので、しっかり日本との違いを把握しておきましょう!

また、韓国のSEO対策では、NAVERブログの利用が必須です。NAVERブログの特徴を把握して使いこなすことができれば、検索上位に表示されます。

今回紹介した内容を参考にして、韓国でのプロモーションを成功させましょう!

海外向けのマーケティングでお悩みはありませんか?

Globalizeを運営する株式会社LIFE PEPPERでは、細かい施策や改善だけでなく、戦略設計から実行を含めた「ビジネスの成果」に繋がる海外向けのマーケティングをご提案します。

海外向けのマーケティングでお困りの方はこちら