世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

5分で分かるwebマーケティング基礎

Webマーケティングとは、インターネットを使用して行うマーケティング手法のことを言います。ネットを用いた手法とは一言で言ってもその種類は様々で、得られる効果も異なります。
そのため状況や必要に応じて、様々な施策を使い分ける必要があるのですが、今回はそんなWebマーケティングの運用について、大まかなことがわかるような基礎的な知識についてご紹介していきます。

なぜWebマーケティングに注目が集まるのか

Webマーケティングは、数あるマーケティング手法のなかの一つに分類される施策の一つです。
Webマーケティングに多くの注目が集まる理由としては、いくつかの理由が考えられます。

インターネット利用者の増加

一つは、やはりインターネットユーザーがこの10年ほどで急増したことが大きいと言えます。
スマートフォンが普及したこともあり、インターネットは単に仕事や調べ物の際に使うだけでなく、24時間、片時も離れることのない、もはや現代人のライフスタイルには欠かせないものとなりました。

それだけ人がインターネットに常駐する時間も長くなったと考えることもできますが、Webマーケティングは、インターネット上のアクティブユーザーが増加した今の時代だからこそ、多くの人が注目しているマーケティング戦略なのです。

情報を可視化できる

Webマーケティングの特徴として、施策を取り巻くあらゆる人間の行動を可視化することができるというのも特徴です。
例えばYoutubeなどのストリーミングサービスでは、本編の前に数秒のCMが挟まることがあります。

あれはWeb広告の一環ですが、広告配信者はそのCMが何秒間再生され、何人がクリックし、何人が無視したかなど、広告にまつわる数字を全てデジタル情報として利用することができるようになっています。
例えCMが期待していたような効果が出なかったとしても、その数字を参考にしながら、具体的にどの点を改善していけば良いかということを明確にすることができます。

Webマーケティングは、従来のアナログ手法に比べてその効果を数値化しやすく、改善も容易であるため、導入のハードルが低いのも特徴です。

実践編 webマーケティングの手法

次に、Webマーケティングを実際に運用していく際のプロセスについて見ていきましょう。ステップごとに分解すると、以下のような図を描くことができます。

マーケティング戦略立案

一つ目に、マーケティングの戦略立案があります。

そもそもその商品はどのような強みや弱みを持っていて、どのような可能性を秘めているのか。その商品は誰に届けるのがベストなのか、ターゲットが明らかなら、その人たちにどのような価値を提供するのか、そしてどのようにして彼らへ提供するのかなど、考えられることは無数です。
Webマーケティングも、根幹では従来のマーケティング手法と変わりはありません。これまでにマーケティングのノウハウが蓄積されているなら、戦略立案に関してはそのノウハウが活きるタイミングと言えるでしょう。

SEO/SNS/広告などを使い集客

ターゲットや戦略が定まれば、次は集客です。インターネットを通じた集客には様々な種類があり、ここが最も必要に応じて選ぶべき選択肢が変わる部分でもあります。

一つ目にサーチエンジン最適化、いわゆるSEOが挙げられます。
GoogleやYahooといったサーチエンジンは、インターネットの中心となるサービスです。こういったサービスからしっかりと集客を得るため、自社サイトやサービスを確実に露出させられるよう施策を施すのが「SEO対策」です。

二つ目にリスティング広告です。リスティング広告は、SEO対策とは異なり、検索エンジンに広告料を払って、特定のキーワードを検索したユーザーに対して自社商品の案内を表示するというものです。
広告料はキーワードによって異なり、オークション形式で行われます。代表的なのがYahooプロモーションや、GoogleAdWordsといったサービスです。

三つ目にアフィリエイト広告です。こちらも広告料を払って商品の紹介を行う施策ですが、リスティングとは違い、成果報酬型になっています。
アフィリエイト広告を掲載しているブログやWebページの運営者に、そのページからクリックされた分だけ料金を支払うのが特徴です。

四つ目がアドネットワーク広告です。これは、単一の広告配信サービスに料金を支払い、無数の媒体に対してPRを打つことができるサービスです。Googleアドセンスは、アドネットワーク広告の代表格です。

最後にSNS広告です。TwitterやFacebookの広告スペースに出向し、細かなユーザーの趣味や年齢、生活エリアに最適化させてPRを打つことができます。

コンテンツを充実させるには

これらの広告と合わせて行いたいのが、ランディングページ最適化、いわゆるLPO対策です。

LPO対策は、広告施策を通じてサイトを訪れてくれた人に向けて行うコンテンツ拡充です。訪問者が求めていたような情報や、商品に手を取ってもらうことが重要になります。

その人の目的が達成されずにページを離れてしまう、つまり「離脱」を防ぐためにはどうすればいいのか、を考えるのがLPO対策というわけです。

集客効果を測る

実際に施策を展開していく中で、集客効果を測定することも重要です。

費用を投じて打ち出した広告が、期待通りのパフォーマンスをしてくれているか、こちらが想定しているユーザーがたどり着いてくれているかなど、目を配るポイントは多岐に渡ります。

定期的に訪問してもらえるようにしてもらう

また、一度きりの訪問ではなく、サイトへ頻繁にユーザーが通ってくれているかどうかも重要です。
良質なコンテンツを揃え、ユーザーにとって信頼性が高く、有益であるためにはどうすれば良いかを考えましょう。

まとめ

Webマーケティングの中で取り組むべき事項は多く、一度に全てを進めていくことは難しいでしょう。

今自社に必要なことは何なのかを考えつつ、上のフローを参考にして効果的なマーケティングを行っていきましょう。

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ