インバウンド業界で大注目の医療ツーリズムとは?ツーリストを増やすポイントを徹底解説!

インバウンド業界で注目されてきている医療ツーリズム。ほかのアジアの国々ではすでに自国産業になるほど、大きな利益を生み出しています。医療ツーリズムとは何か、なぜ注目されるのか、日本で医療ツーリストを増やすポイントなどを解説していきます。

医療ツーリズムとは

医療ツーリズムは「ツーリズム」、つまり観光という言葉が含まれている通り、本格的な治療を受けるだけでなく、半分治療、半分旅行のような感覚で、海外へ渡航することを指します。特に東アジア地域では中国人を中心とした「医療ツーリスト」が増加しており、各国で独自の医療観光サービスの充実が進んでいます。

一般社団法人メディカルツーリズム協会によれば、医療ツーリズムの目的は大きく3つに分けられるとされています。

1つは純粋な治療を目的としたものです。外科手術を必要とし、長期の入院が予測される治療のための渡航は病院の外に出ることもないため、比較的観光の比重は小さいとされています。 

2つ目は健診を目的としたものです。精度の高い人間ドックやがん検診を受けるために海外の病院などを訪れ、現地の観光も楽しんでいくというものです。

3つ目は美容や健康増進を目的とする医療ツーリズムです。こちらは上記2つのカテゴリに比べ、観光の比重が強くなる傾向が強く、ツーリストも訪問時点で健康に問題を抱えていないことがほとんどなため、ヘルスケアよりも観光に重点が置かれたプランで海外を訪れることが多いのがこのバターンです。

■参考 一般社団法人メディカルツーリズム協会 医療ツーリズムの最近の動き:インバウンド

https://www.medical-tourism.or.jp/column/mano_column_4/

人気の理由(富裕層が長期滞在をし、消費額が多額)

医療ツーリズムが人気を集めている理由としてはいくつか考えられますが、1つ目の大きな理由はやはり高度な医療技術にあります。お金はあるのにも関わらず自国では満足な治療を受けられなかったり、何らかの原因で自国では許可されていない治療を受けるため、海外の病院で治療を受けるというものです。

医療ツーリズムに注目が集まるのは、このように海外の富裕層が治療を受ける国で、大きく消費をおこなってくれる点にあります。その国で最高の治療を受ける場合は病院にも大きなお金を落としていくことはもちろん、患者の付き添いや家族も病院の近くの高級ホテルなどに何日も宿泊するというケースも考えられます。

治療費だけでなく、患者やその家族が治療を受ける国で総合的に消費する額を考えると、決して無視できない金額になることは明らかです。医療の水準が高い国の観光資源として、改めて注目されているのが「医療」というわけです。

医療ツーリズムの2つ目の理由として、自国の治療よりも安価に同じレベルの治療が受けられるからというものがあります。特に欧米圏のようにアジアよりも物価の高い地域の患者は、日本やインドのような高い医療水準を持ちながら治療費の安価な場所での療養・手術を望む場合もあり、こちらも看過することはできません。あるいは臓器移植のように、自国での手術はそれまでに長い時間を要してしまう場合、待機期間のない海外の病院で手術を受けるべく渡航するということもあります。

よほどの大手術でない限り海外で医療行為を受けることは想像もできないという人も少なくないと思いますが、経済成長の著しい東アジア諸国では頻繁に行われるようになってきているだけでなく、日本もその観光先として大きな注目を集めています。

インバウンド業界で注目される理由

医療のことは医療分野が担当する、とも思われますが上述のように海外から医療行為を受けにその国を訪れる人たちは、医療を受ける国で通常の観光並みか、それ以上に大きな消費をしていく可能性があることがわかっています。

そのため、彼らの動向はインバウンド業界からも注目を集めています。本格的に医療を受ける患者だけでなく、数日間の精密検査のみを受ける人や美容、健康増進目的で訪問する人は観光目的の意味合いも強いため、ヘルスケアよりもむしろインバウンド業界の得意とする分野にもなってきているのが現状です。

自国産業になっているアジア諸国の取り組み

自国産業になっているアジア諸国の取り組み

日本における医療ツーリズム

周辺国での受け入れ態勢が整う中、やや遅れをとっているのが日本です。ただ、医療ツーリズムにおける日本の注目度は決して低いわけではなく、むしろそのポテンシャルは非常に高いものがあります。

日本で注目されている理由

日本が注目を集めているのは、まずツーリストの消費額の大きさです。現在、日本のインバウンド消費額は4.5兆円程度とされていますが、観光庁は「訪日外国人旅行消費額8兆円」を掲げています。この額に医療ツーリズムは未だ大きなウェイトを占めておらず、そのポテンシャルの高さが注目を集めています。

もともと日本は天然温泉など、ヘルスケアを意識した観光資源も数多く日本全国に散らばっています。これらがより医療ツーリズムの文脈で受け入れられれば、そのポテンシャルを最大限に活かすことができるでしょう。

日本の医療滞在ビザについて

2011年より日本では医療滞在ビザが外国人に発給され、発給者は年々増加しているとはいえ発給数は未だ1400人に満たない数となっています。これが他国同様数万人規模となれば、純粋なインバウンド需要と合わせると莫大な消費額となることが見込めるというわけです。

まして2020年のオリンピックを控えているわけですが、医療ツーリストを定着させることができれば、オリンピック終了後も日本の医療を観光資源に消費を刺激してくれることが期待できます。

医療ツーリストを増やすポイント

医療ツーリストを増やすためには、やはり他国のように積極的なプロモーションを展開していくことが重要になるでしょう。医療を観光資源として捉え、大学や病院、そして観光庁や観光会社が連携して制度改革や集客を行なっていくことが重要です。

まとめ

日本で医療ツーリズムを確立させれば、これまでにない多額の利益をもたらすことになるでしょう。そのためには医療制度を整備や医療スタッフの他言語・異文化教育など、病院に文化的な施策を施すことが必要になりそうです。

Spread the love