世界で勝ち抜くマーケティング分かる、見つかる

【2019年10月最新】Whatsappの使い方

Whatsapp(ワッツアップ)とは、2019年4月時点で16億人以上が利用している世界最大ユーザー数を誇るインスタントメッセージアプリです。世界中で使用されているWhatsappは、外国人とのコミュニケーションには欠かせない手段です。これを機に、Whatsappを登録してみましょう。

Whatsappとは?

Whatsapp(ワッツアップ)とは、アメリカ発のメッセンジャーアプリです。
日本ではLINEが主流なので知らない方も多いかもしれませんが、アメリカやヨーロッパではほとんどの人に使われているアプリなのです。30か国語に対応しており、操作性もシンプルなため人気のアプリです。

特徴

・Whatsappはセキュリティがすごい
Facebookが運営する「Whatsapp」は、パーソナルなやりとりを実現するために、強固なセキュリティ機能を実装しています。それが、「エンドツーエンド暗号化」です。簡単に説明すると、アプリ内で扱うメッセージテキストや画像、動画などがすべて暗号化されており、送った相手以外解除コードを持たないため、その内容を見ることができない仕様になっているのです。仮想通貨にも似たようなセキュリティですよね。

・オンラインかどうか分かる
Whatsappは、日本のLINEと異なる点がいくつかあります。その中の1つが、相手がオンラインかどうかがわかる仕様でしょう。
例えば、やりとりをしている相手が入力をしていると、画面に「入力中」という表記がなされるので、リアルタイムなやりとりを感じることができるでしょう。また、Whatsappには、「最終接続時間」が記録されます。相手がいつメッセージを読んだのか確認できるので、LINEの既読よりも相手の動向がわかりやすいですね。「既読無視」も強調されそうですが・・・。

・自動バックアップ機能がある
Whatsappには、自動バックアップ機能が備わっています。こちらもLINEとの大きな違いですね。LINEはスマホの機種を替えたりすると履歴が消えてしまいますよね。Whatsappはバックアップを全自動で行います。バックアップをするタイミングは、毎日・週1回・月1回と間隔を設定をすることができます。

・スタンプがない。タイムラインがない

画像:https://line.me/ja/

Whatsappには、スタンプ・タイムラインはありません。LINEがメッセンジャーアプリだけでなく他のSNSのようなタイムライン機能を充実させているのとは、反対にシンプルなメッセンジャーアプリとして開発されている点は、好みが分かれそうですね。スタンプについては、多くの日本人にとっては少しマイナスな点かもしれません。

どの国で利用されているの?

WhatsAppは、世界107か国で10億人以上の人に使われています。もっと多くのユーザーを有するのはインドで、インドだけで4億人を超えるユーザーを有しています。その他、スペインやドイツ、フランス等のヨーロッパ兼、ブラジルやアルゼンチンといった南アメリカでも人気です。次いでアメリカやカナダでも利用者が多いようです。

Whatsappのインストール・登録手順

WhatsappはiOS、Androidどちらでもインストール可能です。以前は2年目から有料でしたが、今は無料で使えます。
Whatsappの登録は非常に簡単です!

1.アプリをインストールする。

アプリはこちらからインストール可能です。
→iOS版
→Android版

2.電話番号を入力し、スマホのSMSで認証を行う。

3.名前を入力し、アカウント作成完了!

登録は以上です。1分ほどで完了します。

基本的な使い方

友達追加方法

Whatsappでは友達の追加は自動で行われます。アカウントを作成すると、電話帳と同期され、Whatsappを利用している友達が追加されます。
電話帳に無いユーザーを追加する場合は、「新規チャット」画面から「新規連絡先」を選択して登録をすることが出来ます。

チャットの使い方

チャットは、[新規チャット]から相手を選択して開始することができます。
チャットウィンドウは、LINEやメッセンジャーと似たような感じです。スタンプがない分、シンプルに作られています。
メッセージが送付完了すると「✓✓」ダブル✓マークが表示されます。
相手がまだ読んでいない場合は、「✓✓」はグレーで、相手が既読すると青く変化します。

電話の仕方

電話は、下部の電話アイコンを選択し、右上の「+」ボタンからすることが出来ます。

ブロックの仕方

Whatsappでは、メッセージを送受信したくない相手を「着信拒否(ブロック)」設定することができます。
ブロックは下記手順で行うことが出来ます。

1.下部のメニューから「設定」を開く。

2.設定画面の「アカウント」を開く。

3.アカウント内の「プライバシー」を開く。

4.プライバシー内の「着信拒否設定」から、ブロックするユーザーを選択。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、インドやヨーロッパなど世界で最も使われているメッセンジャーアプリ「Whatsapp」について紹介させていただきました。日本ではLINEが主流ですが、海外では全く別のサービスが使われています。

特に海外の友達とやりとりをしたい、海外旅行やビジネスでの渡航が多い方は、是非一度使い方をチェックしておくと、いざという時に焦らなくて済みますね。数年後にはなんのアプリが流行って、使われているか分かりません。今後これまでよりも一層グローバライズされていくと考えれば、日本だけでなく、世界で使われているアプリやサービスに目を向けるべきかもしれません。

■参考
・WhatsApp セキュリティ
https://www.whatsapp.com/security/?l=az&lang=ja
・app world  WhatsApp(ワッツアップ)の使い方!LINEとの違いや既読・プライバシーは?
https://appli-world.jp/posts/2026

Globalizeを運営するグローバルデジタルマーケティングの株式会社LIFE PEPPERでは、海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいなどのご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード 会社紹介ダウンロード 無料相談へ